AND OR

 TOP武蔵伝II ブレイドマスター>システム情報
▼武蔵伝II ブレイドマスター システム情報

[ コントローラーの操作方法 ] [ メニュー画面 ] [ アイテムについて ]
[ 装備について ] [ アビリティについて ] [ マップについて ]
[ ステータスについて ] [ 救出リストについて ] [ ヒントについて ]
[ オプションについて ] [ セーブについて ] [ ワープポイントとチェックポイントについて ]
[ ムサシのアクションについて ] [ 見切りシステムについて ] [ ダッコシステムについて ]
[ やられアクションについて ] [ 秘奥儀について ] [ 伝説の武具について ]
[ ガラクタについて ] [ ワールドマップについて ] [ 村の施設について ]
[ ミニゲームについて ] [ ゲームオーバーについて ]
 
コントローラーの操作方法
 
【神獣の村の操作】
方向キー 使用しない
左スティック 移動(倒す角度により、移動速度変化)
右スティック 視点を動かす
ボタン 話す、調べる
ボタン 使用しない
ボタン ジャンプ
ボタン×2 2段ジャンプ※1
ボタン 使用しない
ボタン ロッオン、眼力ゲージをためる(道場、ビストロ・カーラでのイベント時のみ)
ボタン 使用しない
ボタン クイックマップの表示
R3ボタン 視点を元に戻す
STARTボタン メニュー画面表示
 
【神獣の村以外の操作】
方向キー クイックメニュー表示時のカイブレードor五輪剣の変更
ロックオンの切り替え
左スティック 移動(倒す角度により、移動速度変化)
クイックメニュー表示時のアビリティの変更
右スティック 視点を動かす
ボタン 兼重での攻撃、話す、調べる、ダッコをする
ボタン セットしてあるアビリティ使用
ボタン ジャンプ
ボタン×2 2段ジャンプ※1
ボタン カイブレードor五輪剣での攻撃
ボタン ロックオン、眼力ゲージをためる
ボタン カイブレードor五輪剣の秘奥儀発動
ボタン ガード
ボタン クイックメニュー表示
R3ボタン 視点を元に戻す
STARTボタン メニュー画面表示
 
【キャンプの操作】
方向キー カーソルの移動
左スティック 使用しない
ボタン 決定、メッセージを送る
ボタン キャンセル
ボタン 使用しない
ボタン 決定、メッセージを送る
ボタン ページを送る
ボタン ページを送る
ボタン 使用しない
ボタン 使用しない
STARTボタン メニュー画面の終了
※1 2段ジャンプ・・・ 伝説の武具『トンボベルト』を所持している場合に、2段ジャンプ可能になります

このページのトップへ

メニュー画面
 
アイテム  現在持っているアイテムを使ったり、武器などを確認することができます
 ボタンでキャンセルすることにより『使う』以外の項目を選択することができます
装備  ムサシの現在の装備の確認と変更ができます
 それぞれの項目を選択するとリストの中から装備を変更することができます
 なお、兼重のみ装備変更ができません
アビリティ  『見切り』で修得した技を確認、セッティングすることができます
マップ  現在いるフィールドの全体マップを見ることができます
 ゲームモードが『EASY』の場合、目的地にマークが表示されます
ステータス  現在のムサシのHP、MP、攻撃力、防御力、眼力、運、次のレベルまでのExpを見ることができます
 また、レベルアップもこの項目によって行います
救助リスト  救助した村人のリストを見ることができます
ヒント  『クエスト』を確認したり、ヒントを見ることができます
 なお、ヒントは聞いたものしか掲載されません
オプション  ゲームのプレイ環境を変更できます
 
称号  現在の称号です
 称号は前半部分と後半部分で、変化の仕方が異なり、前半部分はイベントなど、後半部分はLv.と修得技の数で変化します
 称号についてはこちらを参照
Lv.  現在のムサシのレベルです
 Expをためて、ステータスの項目でレベルアップさせることにより上がります
 上限は30です
プレイ時間  ゲームを開始してからのプレイ時間です
お金  現在所持しているお金です
 上限は100000です

このページのトップへ

アイテムについて
■ アイテムの使い(捨て)方 ■
 『使う』の項目のみ、使うか捨てるかを選ぶことができます。
 『つかう』か『すてる』を選び、ボタンを押します。
 なお、『使う』の項目のみ所持制限が設けられていて、最高50個まで所持できます。
 最大数所持していて、宝箱を開けた場合、取得できないので注意してください。

 また、『アクセサリ』の項目は、アイテムが整頓されません。

 アイテムについては以下を参照。伝説の武具、武器、アクセサリ、ガラクタについては、後述します。
  使う
  大切な物
  未鑑定

このページのトップへ

装備について
 装備中の剣、アクセサリを確認できます。
  ・ 右手の装備
 『兼重』を装備しています。装備の変更はできません。
 鍛冶屋で鍛えて強くしてもらうことができます。
  ・ 左手の装備
 『カイブレード』、『五輪剣』を装備することができます。
 右手武器と違うので、装備変更によって剣を使い分けてください。
  ・ アクセサリ
 さまざまな効果を得るアクセサリを装備することができます。

 武器についてはこちらを、アクセサリについてはこちらを参照。

このページのトップへ

アビリティについて
 アビリティとは、敵との交戦中に、敵の繰り出してくる技を見切って自分のものにした技のことです。
 アビリティは、MPを消費しない『剣技』、MPを消費して繰り出す剣技『秘剣』、MPを消費して特殊な性能を発揮する『秘技』、MPを消費して回避に徹する『防御』の4つに分けられます。
 詳しくはこちらを参照。

■ アビリティの修得方法 ■
 アビリティを修得するには、敵の技を見切る必要があります。
 修得したいアビリティを持っている敵と戦い、ロックオンゲージをMAXにして、敵の攻撃を受けます。
 見切ることができる技ならば、ムサシの頭に『!』のマークが表示されます。この表示されている一瞬にを押しながらボタンを押すと、コマンド入力画面へと以降します。
 ここで指示されたコマンドを入力することにより、アビリティを修得することができます。
 詳しくはこちらを参照。

このページのトップへ

マップについて
 現在いる場所のマップを見ることができます。
 一見何も無い部屋のように見えても、通路が隠されているという場合もあるので、マップをしっかり見て進むと良いと思います。
 なお、マップは必ず、上が北、右が東、左が西、下が南となっています。

このページのトップへ

ステータスについて
 
Lv. 現在のムサシのレベルです
HP 体力です。0になると戦闘不能になります
MP 魔力です。秘剣、秘技、防御、秘奥儀を使う時に消費します
使う技の消費MPに満たない場合、使用することができません
攻撃力 攻撃力です。敵に与えるダメージに影響します
防御力 防御力です。敵から受けるダメージに影響します
眼力 眼力です。ロックオンゲージのたまる速さに影響します。
敵の技を見切れるかどうかにも関係してきます
運です。恐らく、HPボールやMPボール、お金の出現数に影響します
Exp 現在の経験値です。戦闘を重ねることにより増えていきます
レベルアップに必要なExp 次のレベルまでに必要な経験値です

 また、この項目は、レベルアップを図るのに、重要な項目となっています。
 武蔵伝IIでは、『Level up!!』と表示されても、自動的には上がらないので注意しましょう。

このページのトップへ

救出リストについて
 救出した村人の名前、職業(中には職業ではない人もいますが…)、その村人が居る場所などを知ることができます。
 その村人のところに行きたい場合は、どの階のどの場所にいるかがわかるので、参考にして行くと良いでしょう。
 また、村人を救出することによって、さまざまな施設が利用可能になることもお忘れなく。

このページのトップへ

ヒントについて
 この項目では、現在進行中のクエスト、終了しているクエスト、今までに聞いたヒントを見ることができます。
 終了しているクエストは『COMPLETE!』の文字が表示されています。現在進行中のクエストは何も書かれていません。
 ヒントについては、今までに聞いたことがあるヒントだけが掲載されるため、全てのヒントを集めるには、一つイベントが終わったごとぐらいに、村人全員に話を聞いて回る必要があるでしょう。

このページのトップへ

オプションについて
 ゲームのプレイ環境を変更することができます。
 オプションメニューは以下の通りです。
振動 アナログコントローラー(DUALSHOCK 2)の振動機能を『ON』または『OFF』に設定できます
コントローラー コントローラーの操作タイプを『Aタイプ』または『Bタイプ』に設定できます
サウンド 音響の設定を『モノラル』、『ステレオ』、『Dolby ProLogic II』のどれかに設定できます
アビリティの自動選択 アビリティの自動選択を『ON』または『OFF』に設定できます
簡易マップ 画面右下に表示される簡易マップを『ON』または『OFF』に設定できます

■ サウンドの説明 ■
 『Dolby ProLogic II』を選択すると、サウンドを『ドルビープロロジックII』で楽しむことができます。

■ アビリティの自動選択の説明 ■
 アビリティの自動選択をするかしないか選択できます。
 『ON』にすると、敵の技を見切った瞬間に、自動的に見切った技がセットされます。

■ 簡易マップの説明 ■
 画面右下に表示されている簡易マップを表示するかしないか選択できます。
 『OFF』にすると右下のマップが消えます。

このページのトップへ

セーブについて
 セーブをするには、神獣の村の自室や、各地のチェックポイントにてボタンを押すことによりセーブすることができます。
 ただし、序章の魔蒸タワーへの道にある、チェックポイントだけは利用することができません。ここを利用することができるようになるのは、第3章以降となります。
 なお、U.S.モードでは、チェックポイントに乗ってもセーブできないようになっています。

このページのトップへ

ワープポイントとチェックポイントについて
■ ワープポイントの説明 ■
 ワープポイントは、神獣の村へ戻る時に使う帰還ようのゲートです。
 その地域に行った時に、スタート地点に必ずあり、この他では、主にボス戦後などに出現します。

■ チェックポイントの説明 ■
 チェックポイントは、その地域内でセーブすることができるリングのことです。
 このチェックポイントの上に乗って、ボタンを押すことによりセーブすることができます。
 ただし、要塞島のチェックポイントだけは注意!要塞島でセーブすると、もう神獣の村へは戻ることができません。

 なお、このサイトでは、チェックポイントのことを、セーブポイントと記載しています。

このページのトップへ

ムサシのアクションについて
 ムサシの基本アクションには、『兼重による攻撃』、『カイブレードor五輪剣による攻撃』、『アビリティの使用』、『ジャンプ』、『ガード』、『ロックオンと眼力ゲージ』、『ぶら下がり』、『はしごをのぼる』、『壁張り付き』、『水面を歩く』などがあります。

■ 兼重による攻撃の説明 ■
 ボタンを押すことによって、右手の兼重で素早く敵を斬ることができます。通常は3回斬ることで終了ですが、剣技『連続斬り』を見切ることにより、最大で5回まで斬ることが可能となります。

■ カイブレードor五輪剣による攻撃の説明 ■
 ボタンを押すことにより、左手の剣を振り下ろして攻撃します。重い剣なので素早く攻撃することには向きませんが、『水の剣』や『火の剣』には属性が付いていて、『水の剣』はサラマンダーなど炎の敵を倒す時に、『火の剣』はジャングラーなど植物の敵を倒す時に重宝します。
 また、ボタンを押しながらボタンで、その剣特有の秘奥儀を繰り出すことが可能です。

■ アビリティの使用の説明 ■
 ボタンを押すことにより、セット中のアビリティを使用することができます。
 アビリティの選択は、ボタンを押してクイックメニューで選択するか、もしくは、メニュー画面のアビリティの項目で選択することができます。
 アビリティには、ボタンで使うものの他に、別のコマンドで使うものも存在します。

■ ジャンプの説明 ■
 ボタンを押すと、その場でジャンプし、左スティックを倒しながらジャンプすると、進みたい方向にジャンプすることができます。
 冒険の途中で入手する『トンボベルト』を持っていると、ジャンプ後に再度ボタンを押すことで、2段ジャンプが可能となります。
 また、ジャンプで高い場所に捕まることができる場合もあるので、その辺り注意してジャンプしてみましょう。

■ ガードの説明 ■
 ボタンを押している間は、前方からの攻撃を防ぐことができます。

■ ロックオンと眼力ゲージの説明 ■
 ボタンを押し続けることにより、『眼力ゲージ』が伸び、ロックオンした敵の技を修得する『見切り』ができます。
 この時、敵にマークされたロックオンカーソルの中心が青色に光っている場合は見切ることができる技を敵が持っているということになります。
 また、『クチナワゴーグル』を入手することにより、敵の残りHPがロックオンカーソルの周りの色で分かるようになります。
 また、『ラビットリング』を入手することにより、眼力ゲージの伸び速度を飛躍的に上げることができます。

■ ぶら下がりの説明 ■
 ガケのような場所に向かってジャンプしたりすると、ムサシが片手を引っ掛けてぶら下がり状態になることがあります。
 この状態で、上を押すと、ガケの上へ上れ、下を押すと、ぶら下がりを解除して下へ落下します。

■ はしごをのぼるの説明 ■
 はしごがある場所で、上を押すとのぼることができます。

■ 壁張り付きの説明 ■
 物語の途中で『トカゲグローブ』を入手してからは、特定の壁に張り付くことができるようになります。
 張り付ける壁は、透明だったり、黄色だったりと、周囲の壁と比べて、明らかに色が違うのですぐにわかるかと思います。

■ 水面を歩くの説明 ■
 物語の途中で『ミズグモシューズ』を入手することにより、水面を歩くことができるようになります。
 これにより、今まで行けなかった場所へ行けるようになったり、取れなかった宝箱を取ることができるようになります。
 なお、ムサシはかなづちですので、水の中に入ると溺れてしまいます、注意しましょう(笑)

このページのトップへ

見切りシステムについて
 敵をロックオンし、眼力ゲージをMAXにすることで、敵の技を見切り、自分のものとすることができます。
 見切ることができる技を持っている敵は、ロックオンマークが青で表示されます(通常は透明)。
 見切れる技についてはこちらを参照。

このページのトップへ

ダッコシステムについて
 姫や巫女、マオの近く、または、秘剣『電撃突き』でシビれている敵の近くでボタンを押すとダッコすることができます。
 ダッコ中にできる行動は以下の通り。
ボタン ダッコしているキャラで攻撃
ボタン ダッコしているキャラを上に投げる
ボタン後、ボタン ダッコしているキャラを上に投げた直後に兼重で横に薙ぎ払う
ボタン後、ボタン ダッコしているキャラが敵の場合、蹴り飛ばす
ダッコしているキャラが姫や巫女だった場合、何も起こりません
ボタン ジャンプ
ただし、ダッコしている分、通常よりもジャンプ距離が落ちる
ボタン×2 ダッコしているキャラを地面に下ろす

 ちなみに、ダッコしているキャラを水面ギリギリに持っていって、×ボタンを2回押すと…(笑)

このページのトップへ

やられアクションについて
 本作品の敵には『やられアクション』というのが設定されています。
 この『やられアクション』とは、敵をどう斬ったかによって、切り口が変わるというシステムです。
 例えば、剣技『十文字斬り』で敵にトドメを刺すと十字型に切断されます。剣技『微塵斬り』でトドメを刺すとバラバラに切断されるという具合です。
 ただし、斬られるのはロボットなので、グロテスクな表現はありません。ご安心ください。
 いろいろな技を使って、『やられアクション』を楽しむのも良いでしょう。

このページのトップへ

秘奥儀について
 左手に使う剣には、全ての武器に秘奥儀が設定されています。
 その秘奥儀とは、MPを消費して、様々な効果を回りに及ぼします。
 その効果は、全周囲を攻撃するもの、敵の動きを止めるもの、弾撃を飛ばすもの、風で巻き上げるもの、ムサシの姿を消すものとバラエティに富んでいます。
 ストーリーを進むうえで、秘奥儀は欠かせません。なぜなら、秘奥儀を使わなければ進むことができない場所もあるためです。
 秘奥儀の詳しい説明についてはこちらを参照。

このページのトップへ

伝説の武具について
 ストーリーを進めていると、『伝説の武具』と呼ばれるアイテムを入手することができます。
 これらは、ストーリーを進むうえで欠かせない便利なものも多いです。
 伝説の武具は5つあり、敵のHPのおよその値を知るもの、2段ジャンプが可能になるもの、壁を登ることができるもの、水の上を歩くことができるもの、眼力ゲージが溜まりやすくなるものがあります。
 伝説の武具の詳しい説明についてはこちらを参照。

このページのトップへ

ガラクタについて
 本作品には、『鉄のガラクタ』、『鋼のガラクタ』、『魔甲ガラクタ』という3種類のガラクタがあります。
 これらは、ハサントスの発明屋に持っていくことにより、様々なアイテムを作ってもらうことができます。
 ただし、これらガラクタは、1ゲーム中に入手できる数は、『鉄のガラクタ』が12個、『鋼のガラクタ』が8個、『魔甲ガラクタ』が4個と数が限られているので、無駄なものは作らないよう注意しましょう。
 発明の詳しい説明についてはこちらを参照。

このページのトップへ

ワールドマップについて
 執務室でバノンに話しかけることで、ワールドマップに移ることができます。
 他のエリアに行く場合、ワールドマップで、神獣を動かして移動することになります。
 この時、その地域でクエストが発生している場合、そのクエストを進めることができます。
 一つのエリアで一定のクエストをクリアすると、そのエリアで『鍛錬する』という項目を選ぶことができるようになります。
 なお、ワールドマップでの操作は以下のようになっています。
左スティック 神獣を移動させる
方向キー 選択肢の選択
□ボタン エリアを決定する

このページのトップへ

村の施設について
■ ムサシの部屋 ■
 神獣の村のムサシの部屋にて、回復やセーブをすることができます。

■ ホロカード ■
 ホロカードを入手している場合、自室にてそれらを閲覧することができます。
 詳しくはこちらを参照。

■ 店 ■
 アクセサリ、パン、弁当、アイス、ドリンク、ホロカードなどを購入することができます。
 なお、ビストロ・カーラでは、5章に訪れることで技を教えてもらえます。
 詳しくはこちらを参照。

■ 発明屋 ■
 様々なアイテムを開発してもらうことができます。
 詳しくはこちらを参照。

■ 占い屋 ■
 あるエリアに、何人の救助していない人がいるかを教えてもらえます。
 ただし、教えてくれるのは人数だけなので、あまり利用する機会は無いかも…。

■ 鍛冶屋 ■
 『カジノモト』を一定数持っている場合、ここでムサシの愛刀『兼重』を鍛えて、強くしてもらうことができます。

■ コロシアム ■
 様々な敵と戦うことができます。今まで戦ったボス敵とも戦うことができます。
 戦闘に勝利することにより、アイテムや、お金を入手できるので挑戦してみては?

■ 道場 ■
 第3章と第6章に行くことで、技を教えてもらうことができます。
 その他の場合も、入手した五輪剣の使い方などを教えてもらえます。

■ 図書室 ■
 五輪剣のこと、伝説の武具のこと、ガンドレイク社のこと、地域のことなどを調べることができます。

このページのトップへ

ミニゲームについて
 本作品には、『バイクモード ライド&スラッシュ』、『フライングマシンモード フライ&クラッシュ』というミニゲームを遊ぶことができます。
 『バイクモード』は、泉の森にてバイクを調べることでプレイできます。敵を多く倒すことによりクリアした時に貰えるお金が増えます。
 『フライングマシンモード』は、魔蒸炭鉱にてフライングマシンを調べることでプレイするできます。ここでしか手に入らないホロカードもあるのでがんばってクリアしましょう。
 詳しくはこちらを参照。

このページのトップへ

ゲームオーバーについて
 基本的に敵との戦闘でHPが0になった場合、ゲームオーバーになり、『つづける』、『ゲームを終わる』のどちらかを選択することになります。

 『つづける』を選んだ場合、HPが全回復した状態で再開します。
 この場合、直前にセーブした場所、もしくは、ボス戦の最初から再開します。

 『ゲームを終わる』を選んだ場合、ゲームを終了させて、ゲーム起動後のデモ画面に移行します。

このページのトップへ


TOP武蔵伝II ブレイドマスターシステム情報