AND OR

 TOPキングダムハーツII>攻略ストーリーチャート(トワイライトタウン)
▼キングダムハーツII 攻略ストーリーチャート

『ダイブ・トゥ・ハート』から

空き地
■ 消えたノーバディ ■
 トワイライトタウンに戻ったロクサス。
 サイファーたちはのんきに写真撮影しています。
 ライの話では、「白い奴らは消えちまったもんよ!」だそうです。
 この直後、サイファーたちと一緒にいるところを、ハイネ、オレット、ピンツの3人に目撃されます。ハイネは怒っているようです。

このページのトップへ

いつもの場所
■ 不機嫌なハイネ ■
 結局のところ海へは行かなかったようです。
 ロクサスが「明日こそ海へ行かないか?」と聞きますが、「明日は約束がある」と断られてしまいます。
 その約束とは、ストラグルバトル大会の決勝で戦おうということなのですが…。

■ 謎の言葉 ■
 「回復率48%」

■ ナミネの役目とは? ■
 また、ディズと謎の男の会話。
 なんか、ナミネがデータを乗っ取ったという話をしてますが…。
 ディズの話の内容からすると、ナミネが“役目”を果たすと、ロクサスに何かが起こってしまうようです。

■ ソラの夢 ■
 ロクサスはまたノイズ入りのソラの夢の記憶を見ます。
 今度はホロウバスティオンで、リクにキーブレードを奪われる夢、リクが闇に身を落としてしまった夢、謎の男との戦いの夢、リクがアンセムに乗っ取られてしまった夢、ソラがハートレス化した夢、カイリの大切なお守りの夢、鍵穴を閉じる夢。

このページのトップへ

空き地
■ THE 4th DAY ■
 決勝トーナメントが行われるようです。
 前回優勝者はセッツァー。
 今回予選を勝ち抜いたのは、『サイファー』、『ビビ』、『ハイネ』、『ロクサス』の4人。『ハイネ』、『ロクサス』は初めての決勝進出だそうです。
 そして優勝者に与えられるのは、大会のシンボル『フォー・クリスタルズ・トロフィー』。色が緑と青と赤と黄をしていますが、やはり風と水と火と地の属性があるのでしょうか?
 更に優勝者には前回優勝者セッツァーへの挑戦権が与えられるそうです。

 この後、ビビに話しかけてみましょう。明らかにいつものビビとは様子が違います。
 また、セッツァーに話しかけると、「サインをもらいに来たのか? 忙しいから勘弁してくれよ。」という発言をしますが、どこが忙しいの?あんた立ってるだけじゃん(笑)

■ ストラグルバトル大会のルール ■
 以下はストラグルバトルのルールを箇条書きしたものです。
  ・お互いが100個ずつ持っているボールを攻撃しながら取り合う。
  ・攻撃を当てると相手はボールを落とす。
  ・逆に攻撃を食らうと自分がボールを落とす。
  ・最後により多くのボールを持っていた方の勝ち。

■ サイファーとの模擬戦? ■
 第1試合が始まる前に、路地裏に行くと、1度だけサイファーとの模擬戦が体験できます。と言ってもボール無しなんで通常の戦闘と同じですが…f^_^;
 経験値貰えるんで戦っても良いでしょう。
 敗北すると「当然の結果だ」とか言われますが、勝利すると「次は手加減しないからな!」と負け惜しみを言います(笑)
サイファー
HP 属性 経験値 取得
105 物理:×1.0
ファイア:×1.0
ブリザド:×1.0
サンダー:×1.0
ダーク:×1.0
タイプなし:×1.0
13

-

 『トワイライトゾーン』戦で取得した、『リフレクトガード』などを使って戦うとかなり楽に戦えると思います。
 前回同様、ジャンプ攻撃を当てようとすると、弾き返してきます。この後着地した時が攻撃チャンス。すかさずコンボを当てましょう。
 もっとも、腕試し程度の相手なので、あまり必死で戦うこともないでしょう。
 
『サイファー』の攻撃の対処方法については、ボスデータ『サイファー』を参照。

 【INFORMATION】
 サイファーを倒せ!

 【PAUSE】
 相手の動きをよく見て攻撃をあてろ!!

■ vsハイネ ■
 いよいよストラグルバトル大会決勝トーナメント第1試合。
 相手は『ハイネ』です。
 試合開始前、ロクサスは昨日、海へ行けなかったことを、ハイネに謝ります。
 それに釣られてハイネもロクサスに謝ります。が、本人も言ってますが何ででしょう?(笑)
 勝利すると、ハイネがロクサスの強さを改めて認識します。ロクサスが「ハイネと戦えて楽しかった」と言うと、ハイネは「俺は 全然」と返答。そこでロクサスがすかさず「じゃあ 俺の 良い気分を分けてやる」。「いらねえよそんなの」と返すハイネ。確かに人の良い気分を貰ってもあまり嬉しくないですね(笑)
 ちなみに、敗北すると、画面にノイズが走り、ハイネと戦う前まで時間が逆戻りします。やっているのはナミネでしょうか?ハイネに負けると都合が悪いということですね。

ハイネ
HP 属性 経験値 取得
210 - -

-

 やはり『トワイライトゾーン』戦で取得した、『リフレクトガード』などを使って戦うとかなり楽に戦えると思います。
 相手の攻撃をガードし、出来たスキをついて攻撃していくのが良いでしょう。
 一度攻撃が当たったら、すかさずコンボに繋げます。
 また、ハイネの技は大振りな技が多いので、少し遠くにいて、ハイネの技を誘い出し、攻撃してきたところを後ろや、ハイネの側面にジャンプして回避しつつ、空中コンボを当てていきましょう。
 また、時間切れが迫っていて、なおかつ、自分の方がボールをたくさん持っている場合は、逃げ回って時間切れを待つのも一つの手です。
 
『ハイネ』の攻撃の対処方法については、ボスデータ『ハイネ』を参照。

 【PAUSE】
 VS ハイネ
 すばやく攻撃をあてていこう!!

■ サイファーvsビビ ■
 今度はサイファーグループ同士の対決。
 しかも、ビビはサイファーの取り巻き。サイファーが勝つだろうと誰もが思っていましたが、戦況はビビの優勢。
 ハイネはビビの強さを不信がります。
 サイファーは守りに回るだけで、攻撃する余裕がありません。
 ようやく放ったカウンターで、ビビとの距離を取ることができたサイファーですが、次のビビの一撃で敗北してしまいます。
 サイファーは自分を倒したのがビビではないと見抜いています。
 また、サイファーが3位決定戦をリタイヤしたため、ハイネが自動的に3位に…。「やりぃー」とか言ってますが、それで良いのかハイネ?(笑)

■ vsビビ ■
 いよいよストラグルバトル大会決勝トーナメント優勝決定戦。
 相手は『ビビ』です。

ビビ
HP 属性 経験値 取得
105 - -

-

  まず、最初の一撃のみ『ビビ』が完全に動いていない状態の時に当てることができるので、コンボを稼いでおきましょう。
 二撃目からは、『ビビ』の動きを見てから攻撃。
 『ビビ』は攻撃前に必ず「シャアッ!」と言って、側転した後に攻撃してきます。
 「シャアッ!」と言って側転したら、少し離れたところで、『ビビ』が攻撃してくるのを待ち、攻撃が終わった後に、こちらから攻撃を仕掛ければノーダメージでの勝利も可能です。
 
『ビビ』の攻撃の対処方法については、ボスデータ『ビビ』を参照。

 【PAUSE】
 VS ビビ
 攻撃後のスキをついていこう!!

■ ビビの正体 ■
 ビビに勝利すると、またもや周りの時間が停止。ビビが正体を現し、ノーバディ『ダスク』に変身します。
 ちなみに、敗北すると、ハイネの時と同じように画面にノイズが走り、ビビと戦う前まで時間が逆戻りします。

ノーバディ『ダスク』
HP 属性 経験値 取得
34 物理:×1.0
ファイア:×1.0
ブリザド:×1.0
サンダー:×1.0
ダーク:×1.0
タイプなし:×1.0
8 -

 以前のダスク同様、『スライドターン』を駆使しつつ戦えば、楽勝です。

 【出現するリアクションコマンド】
 スライドターン

 【INFORMATION】
 なぞの敵を全滅させろ!

 【PAUSE】
 なぞの敵をすべてやっつけろ!
 不思議な武器キーブレードで戦え!!

■ 謎の男アクセル ■
 ダスクを全滅させると、フードを被った謎の男が立っています。
 以前、『マニーポーチ』を盗んだ男とは違う声です。
 その男はすぐにフードを取って顔を見せ、自らをアクセルと呼びます。
 彼の「覚えていないか」という口ぶりから、彼はロクサスのことを知っていて、接触したことがあるようですが、ロクサスには全くわからないようです。
 そしてチャクラムを出し、「気を失わせてでも連れて帰る」と発言して戦闘体勢に。
 ロクサスは何が起こっているのかわからず、キーブレードを地面に投げ捨てますが、すぐに手元に戻ってきます。
 アクセルの話によると、XIII機関のナンバー13がロクサスのようです。

【BOSS】アクセル※1
HP 属性 経験値 取得
105 物理:×1.0
ファイア:×0
ブリザド:×0.5
サンダー:×0.5
ダーク:×0.5
タイプなし:×0.5
-

-

 『連続攻撃』を『リフレクトガード』した後、『アクセル』に近付いて右手側に回り込むように移動し、『片手武器投げ』による反撃が来た直後にコンボを叩き込むことを繰り返します。
 『ファイアカッター』を『リフレクトガード』しても、『アクセル』の近くに行く前に『連続攻撃』で攻撃されてしまう可能性があるので、『ファイアカッター』の後には攻撃しない方が無難かと思います。
 
『アクセル』の攻撃の対処方法については、ボスデータ『アクセル』を参照。

 【INFORMATION】
 なぞの男アクセルをやっつけろ!

 【PAUSE】
 不思議な武器キーブレードで戦え!!

※1 アクセル・・・ FM版のみボーナスレベルが設定されており、レベルが上がります

■ 混乱するロクサス ■
 アクセルを倒すと、ディズが出現。
 アクセルはチャクラムをディズに向かって投げつけますが、弾かれてしまいます。
 ディズは、『アクセルの言っていることには意味がない』と言い、アクセルは「惑わされるな」と言います。混乱するロクサス。
 そこでハイネ、ピンツ、オレットの名前を叫ぶと、時間の流れが戻ります。
 時間の流れを取り戻した瞬間、ビビが崩れ落ちるのが見えます。知らない間に勝利していたようです。
 ビビ本人も、なぜ自分がストラグルバトル大会に出場しているのか理解していないようです。
 レフェリーによる勝ち名乗りで、ロクサスの優勝が決まります。
 そして、セッツァー登場。

■ vsセッツァー ■
 ついに前回チャンピオンのセッツァーとの試合。
 が、その前に、セッツァーはロクサスに「負けてくれないか?」、「負けてくれるなら 礼ははずむ」と八百長試合を持ちかけます。
 ロクサスは「バカにするな」と、断ります。

セッツァー
HP 属性 経験値 取得
105 - -

-

 『セッツァー』の攻撃は最初は単発のうえ、大振りなので、簡単に予測して『リフレクトガード』で弾くことができます。この人ホントにチャンピオンなのか?(笑)
 戦闘開始直後、「俺の命、そっくりチップにして賭けるぜ」と言い終わるまで攻撃してこないので、遠慮なく攻撃させてもらいましょう(笑)
 とにかく攻撃を連発すれば大抵OK。
 HPがある程度減って、『多段突き』を使ってくるようになったら、少し離れたところで待機し、『多段突き』を使ってきた直後にジャンプして飛び越えるか、右か左へ移動すればOK。
 『飛翔突き』の時のみ、「もらった!」と聞こえたら『リフレクトガード』を出せばガードできます。
 
『セッツァー』の攻撃の対処方法については、ボスデータ『セッツァー』を参照。

 【PAUSE】
 VS セッツァー
 攻撃のパターンをみきわめよう!!

■ 真っ当に勝利?それとも八百長? ■
 セッツァーに勝利すると、会場全体がロクサスコール。セッツァーはロクサスに向かって指を差し、何かを言おうとしますが、それより早くハイネたちが駆け寄ってしまうため、言わずじまい。恐らく「今度はこうは行かんぞ!」みたいなセリフを吐きたかったのではないでしょうか?(笑)肩を落としてトボトボと去って行きます(笑)
 逆に敗北した場合、「ありがとよ 相棒これを受け取ってくれ」と言いながら、ロクサスに賄賂(メダル)を渡します。
 そして、落ち込むハイネとオレット。賞賛するピンツ。賄賂受け取ってるとなると後ろめたさも感じずにはいられません。
 なお、セッツァーに勝利した場合、大会側から『チャンピオンベルト』が、敗北した場合、セッツァーからお礼として『メダル』が貰えます。

ここで入手できるアビリティ※2
能力 場所
ライブラ
 (ロクサス)
アクセルを倒すと能力値アップ。
※2 修得ボーナス・・・ FINAL MIX版のみボス『アクセル』にボーナスレベルが設定されており、『ライブラ』を修得できます

ここで入手できるアイテム
アイテム 場所
チャンピオンベルト※3 セッツァーに勝利すると貰えます。
メダル※3 セッツァーに敗北すると貰えます。
ストラグルトロフィー ビビに勝利した時点で、セッツァーに勝っても負けても貰えます。
※3 賞品・・・ どちらか1つしか貰えません

このページのトップへ

時計塔
■ 賞品の山分け ■
 時計塔に集まる4人。
 ストラグルバトル大会に優勝したロクサスは、“山分け”という約束の下、クリスタルボールをみんなに渡します。
 オレットが黄色、ハイネが赤色、ピンツが緑色、ロクサス自身は青色のボールを。
 というか、ロクサス、こんな高いところで、物を投げて渡すなよ(笑)オレットとピンツなんか落としそうになってたじゃないか(笑)
 オレットが「私からも みんなにプレゼント」と言った後にロクサスがバランスを崩して時計塔から落下してしまいます。
 というか、時計塔、明らかに落ちたら即死しそうなのに、立ち入り禁止にしないんですね(笑)

■ カイリ登場 ■
 ロクサスが落下すると、シーンはデスティニーアイランドに移り、カイリとセルフィの会話シーンになります。セルフィはカイリのことを「カイリお姉ちゃん」と呼んでいるようです。
 セルフィはカイリに久しぶりに島に行かないか?と持ちかけ、ティーダとワッカはボール遊びでつまらないということを洩らします。
 カイリは断ってしまいます。その理由は、ソラが帰るまでは島に行かないとのこと。
 セルフィに「一緒にいた男の子たちのこと覚えてる?」と聞きますが、セルフィはソラのことは欠片も覚えておらず、リクしか覚えていません。
 しかし、カイリ自身も、ソラの顔も名前も思い出せないとのこと。
 そこにロクサスからカイリへのテレパシー(死後?)が。
 ロクサス自身はカイリではなく、ナミネに向けて語っていたようですが…。
 ロクサスは、カイリのことも、ソラのことも知っているようです。
 そこで、カイリはロクサスに、“彼の名前”を教えてと聞きます。
 そして、ソラの声が響き、ヒントのみを教えて、ロクサスとの通信は切れます。

 次の日、カイリはビンび入れた、ソラへ宛てた手紙を海へ流します。
 そして、名前のみですが、ソラの名前を思い出します。

■ 謎の言葉 ■
 「回復率79%」
 これは、ソラの回復率でしょうか?

■ 謎の男たちの会話 ■
 謎の男は、なぜかロクサスが持っていた、青色のクリスタルボールを持っています。『マニーポーチ』も。捨ててなかったんですね(笑)
 ディズは、「ナミネとロクサスが接触した結果 ロクサスとカイリの心が触れ合った それがソラに影響を与えた」ということを話します。
 この時点では、何のことだかわかりませんね。
 そしてこの後、ディズの口から重大発言が!ナミネは人間ではなく、特別な生まれ方をしたノーバディだそうです。
 「ソラ そして ソラに連なる者の記憶と心に干渉する」存在だそうです。
 謎の男の「ナミネは誰のノーバディなんだ?」という発言も気になりますが…
 その問いに対し、ディズは「教えてもいいが その前に 君の本当の名を教えてくれないか?」と言うと、謎の男はフードを脱いで顔を見せます。
 その顔は、なんと前作の“ラスボス(前作未クリアの人はネタバレ注意)”である闇の賢者『アンセム』!

■ どこかだどこまでが夢? ■
 時計塔から落下したロクサスは、なぜか自宅のベッドで目を覚まします。
 本人もどこからどこまでが夢なのかわからないようです。

このページのトップへ

いつもの場所
■ THE 5th DAY ■
 いつものように、いつもの場所に集まる4人。
 オレットはなぜか怒っています。
 ハイネは「夏休みはあと3日しかないんだぞ!」、「宿題の話なんかやめろよ!」という発言を。おいおい、3日しかないから宿題やるんだろうが(笑)
 オレットが怒っているのは、今日のうちに終わらせる約束だったのに、ハイネが遊ぼうとしているからのようです。
 そこで、ロクサスが、「駅のてっぺんから落ちたよな?」と聞きますが、当然他の人が「落ちた」というはずもなく…落ちてたら即死ですしね。
 ピンツの話によると、「ギリギリ」落ちなかったようです。
 オレットは「話をそらさないで!」と言いますが、そらしたのはロクサスですよ(笑)
 仕方ないので今日は、ひじょーに厄介な自由研究という宿題を片付けるようです。
 ロクサスは自分の周りで起こっていることはどうか?という提案をしますが、却下。ロクサスの周りがおかしいということで、明日、街の住民たちで大々的な捜索が行われるようです。
 結局のところ、自由研究はピンツの提案した七不思議になります。
 七不思議の一つ
 「サンセットステーションの 石段は知っていますかな?」
 「普段何気なく 使っているあの石段。」
 「上りと下りでは、 ああ、怖ろしや…」
 「なんと、段の数が 違うのです!」

 そして、ハイネとオレットは新しいウワサ探し、ピンツとロクサスはウワサの検証を担当することになります。
 とりあえずピンツは駅で電車に乗るように促してくれるので、電車に乗りましょう。今の時間帯は無料で乗れるそうです。無料で乗れる電車って良いなぁ。

このページのトップへ

セントラルステーション
■ 電車でGO! ■
 セントラルステーションに入ると、ハイネとオレットも入ってきます。
 商店街の聞き込みは終了。オレットの話によると商店街にはウワサは無いそうです。というか聞き込み終わるの早いな!(笑)
 なぜか、ハイネは「おまえたちに負けるわけにはいかない」と、競争ムード満点。
 オレットに「競争じゃないでしょ?」と諭されますが、「じゃあ、今から競争だ」というハイネ。この人の発言、いつもいつも面白いな(笑)勝負好きだね、この人(笑)
 ちなみに、駅前広場でですが、小ネタ『大怪我確実』

■ みんなの宝物 ■
 電車内で、クリスタルボールを出してかかげる、ハイネとピンツとオレット。
 ロクサスも同じことをしようとしますが、アンセムが持っていってしまったので、ロクサスが持っているはずもなく………。一人寂しそうな顔。
 アンセムはいつ盗んだのでしょう?
ここで入手できるアイテム
アイテム 場所
ポーション※4 一度サンセットステーションに行って、戻って来てから入手可能。
入り口の西辺りにある宝箱。
ポーション※4 一度サンセットステーションに行って、戻って来てから入手可能。
線路の東辺りにある宝箱。
ハイポーション※4 一度サンセットステーションに行って、戻って来てから入手可能。
上の方のポーションのすぐ北辺りにある宝箱。
※4 アイテム・・・ THE 5th DAYでのみ入手可能です

このページのトップへ

サンセットステーション
■ 七不思議『不思議な石段』 ■
 上りと下りで数が違う石段。
 実はバカバカしいオチがあり、石段を数えたのは、ライ。
 ライの話では「何度数えても違うもんよ!」らしいです(笑)アホ?(笑)
 ただの数え間違いが七不思議まで発展したのも凄い話ですが…(笑)

 なお、サンセットステーションで、電車を調べると、セントラルステーションに戻ることができます。宝箱もあるので一度戻ってみては?
 ちなみに、セントラルステーションのゴミ箱には、アイスの棒が大量に…。どんだけ美味しい味やねん『シーソルトアイス』。俺も食ってみたい。

このページのトップへ

サンセット住宅街
■ 七不思議『もうひとりの自分』 ■
 オレットの立っている辺りからマップ南に位置する鏡を『ちょうさする』と、鏡からもう一人のロクサスが出てきて戦闘になります。
シャドウロクサス
HP 属性 経験値 取得
105 - -

-

 相手はロクサスの動きと同じ攻撃を使ってくるので、『リフレクトガード』→『たたかう』だと、双方共に弾き返されてダメージを与えられません。
 『シャドウロクサス』から少し離れた位置で攻撃してくるのを待ち、相手の攻撃が終わった後に、こちらから攻撃すると良いと思います。
 
『シャドウロクサス』の攻撃の対処方法については、ボスデータ『シャドウロクサス』を参照。

 【INFORMATION】

 もうひとりの自分をやっつけろ!

 【PAUSE】
 もうひとりの自分をやっつけろ!
 相手の動きをよく見て戦え!!

 もうひとりの自分を倒すと、倒れているロクサスをピンツが発見します。
 そして、ロクサスとピンツがその場を離れると鏡の中にはロクサスの影が…。
 なお、負けてもゲームオーバーにはならず、影と戦う前に戻るだけです。

■ 七不思議『カベの向こうの友達』 ■
 トンネル東にある行き止まりを『ちょうさする』と、壁からボールが飛び出してきます。

奥のカベ
HP 属性 経験値 取得
- - -

-

 壁から飛び出してくるボールを避けつつ、壁に近寄りましょう。
 ボールに当たると吹き飛ばされます。奥の壁を調査すれば終了です。
 
なお、ボールは叩くことで跳ね返すことができますが、『リフレクトガード』でも跳ね返すことができます。どうしても進んで行けないという方は『リフレクトガード』を多用しながら進むと良いと思います。

 【INFORMATION】

 奥のカベをたしかめろ!

 【PAUSE】
 ボールをよけながら奥のカベにむかえ!
 ボールをたたくと、はね返せるぞ!!

 壁を調査すると、通路からボールが飛び出してきところを、ピンツが目撃。
 ボールが飛び出してきたところにロクサスがいたため、「ボール遊びでもしてたの?」という話だけで終わってしまいます。
 そして、ロクサスとピンツがその場を離れると壁から闇が…。

ここで入手できるアイテム
アイテム 場所
ポーション※4 ピンツが立っている位置からピンツの右手方向へ進んだ先にある宝箱。
アビリティリング※4 路面電車の屋根から飛び移れる場所にある宝箱。
ハイポーション※4 オレットが立っている位置から北に行ったところにある宝箱。
ポーション※4 サンセットヒルに行くための道の近くにある宝箱。
※4 アイテム・・・ THE 5th DAYでのみ入手可能です

このページのトップへ

トンネル
■ 七不思議『トンネルにひびくうめき声』 ■
 トンネルを『ちょうさする』と、中にはビビがいます。
 なんか様子がおかしい…というか3人いる!?
 ビビってよくおかしくなるな…当然戦闘突入です。
ビビの幻影
HP 属性 経験値 取得
1 - 1

-

 合計14人の『ビビの幻影』と戦うことになります。
 HPが1しかないので、1発攻撃が当たれば倒せます。
 が、数が多いので、ノーダメージ撃破とはいかないでしょう。
 『ビビ』同様、側転した後に攻撃してくるので、その攻撃が終わった後に、こちらから攻撃すると良いと思います。
 
『ビビの幻影』の攻撃の対処方法については、ボスデータ『ビビの幻影』を参照。

 【INFORMATION】

 ビビたちを倒せ!

 【PAUSE】
 現れるビビたちを倒せ!
 囲まれる前にやっつけてしまえ!!

 ビビを全員倒すと、後ろからビビが入ってきます。
 トンネル内で、ストラグルバトルの練習をしていたと言います。ロクサスが「ビビがいっぱい」という話をすると「よくわかんないよ。」と言い、練習終わったからごゆっくりと言って去っていきます。一見怪しいところはありませんが………。
 入れ違いにピンツが入ってきて、ロクサスとピンツが話を始めるとビビがノーバディ『ダスク』に…。
 なお、負けてもゲームオーバーにはならず、ビビがいなくなります。ロクサスのセリフを聞く限り、どうやらビビと戦う前に戻っているようですが…。

このページのトップへ

サンセットヒル
■ 七不思議『うごめく荷物』 ■
 サンセットヒルの頂上に行くと、明らかに場違いな袋とゴミ箱が。
 袋を『ちょうさする』と戦闘になります。
HP 属性 経験値 取得
- - -

-

 『とびのる』と袋は暴れまわって、ゴミ箱に接触したりします。
 ゴミ箱に接触すると、吹き飛ばされるので、リアクションアビリティ『ジャンプ』で回避します。
 乗っている間ボタンを連打していれば吹き飛ばされることはないでしょう。

 【INFORMATION】

 袋を捕まえつづけてスタミナをうばえ!

 【PAUSE】
 袋を捕まえつづけてスタミナをすべてうばえ!
 ぶつかりそうになったら
 リアクションコマンドでうまくよけろ!

 袋の中身は、可愛い犬だったようです。
 しかし…ロクサスを乗せて、あれだけ走り回れるなんて…スタミナありすぎ(笑)
 ………と思ったら犬はノーバディ『ダスク』に変身。まさか石段以外全てノーバディ絡みですか?

このページのトップへ

サンセット住宅街
■ 七不思議『幽霊列車の謎』 ■
 ロクサスにとっては、今までの七不思議は、調べてみたら、不思議でもなんでもないという話。しかし、プレイヤー側から見ればむしろ不思議だらけでしょう(笑)
 というか、他3人は「不思議でもなんでもない」と思うかもしれませんが、ロクサスは不思議を経験しているはずなのに…。ロクサスの中では、鏡から自分の影が出てきたり、壁からボールが飛び出したり、ビビがたくさんに増えたりは、日常茶飯事なのでしょうか?(笑)
 六番目の謎は、ピンツに言わせると凄いとのこと。
 サンセットヒルで見られるそうなので、行ってみることにしましょう。

このページのトップへ

サンセットヒル
■ 続・七不思議『幽霊列車の謎』 ■
 ここでピンツの不思議話が聞けます。
 「その電車には誰も 乗っていないのです」
 「運転士-----」
 「車掌-----」
 「乗客-----」
 「誰も乗っていないのです」

 で、しばらく待っていたようです。全員寝転がっていると、ホントに大分経っているのではないでしょうか。
 そこへサイファー登場。メンバー4人を茶化しに来ます。
 サイファーはロクサスに向かって、「どうしておまえを見ると腹が立つんだろうな」と聞くと、ロクサスは「運命だろ 多分」と返します。
 オレットが、「サイファー」と言うと、サイファーは「わかってる 明日だ」と返答します。
 この「明日だ」の意味は少しだけ後で、どういう意味なのか判明します。

 そして、「来た!」と言って、柵に駆け寄るロクサス。
 ホントに誰も乗っていない電車が通りますが、ロクサス以外の3人は(゚д゚)ポカーンという顔。ロクサス以外には見えていないようです。
 ロクサスは「駅へ行こう」と言って駅に行きます。

このページのトップへ

サンセットステーション
■ ロクサスにしか見えない電車 ■
 ロクサスは駅に着いてから、電車の中を調べようと提案しますが、ハイネが腕をつかんで引き止めます。
 理由は「危ないから」。
 そこにはロクサスの見た電車は影も形も無く。ハイネは通常の電車が通ろうとしているため、「危ないから」と引き止めたようです。
 ちなみに着いた電車からは、乗客他、ライとフウが降りてきます。
 ロクサスはみんなに「見たよな?」と聞きますが、誰も首を縦に振るものはおらず…。ロクサスを無理矢理電車に押し込んでセントラルステーションに帰ってきます。

このページのトップへ

駅前広場
■ ロクサスにしか見えない電車 ■
 「帰ってレポートをまとめよう」と言うハイネ、それに対し、「七不思議はあとひとつ残っている」と発言するロクサス。
 なぜかキレるハイネ。ピンツは幽霊屋敷が最後の七不思議だと教えてくれますが、ハイネ、ピンツ、オレットの3人は帰ってしまいます。
 ここからは、ロクサス一人での行動ですが、幽霊屋敷と呼ばれる場所に行ってみましょう。
 商店街:トラム広場にある、壁の割れ目から入ると、町はずれの森に出ます。そこを進めば屋敷前、幽霊屋敷です。

このページのトップへ

屋敷前
■ 幽霊屋敷のウワサ ■
 屋敷前に着くと、いきなりの後ろからの言葉に、びっくりするロクサス。
 後ろにはピンツが立っていました。
 この屋敷は明日調査するつもりだったとか。
 サイファーたちも屋敷の調査に協力してくれる予定のようです。なんとハイネがサイファーに頼んだんだとか。サイファーが言った「明日だ」というのはこういう意味だったんですね。

 ピンツがここのウワサを話してくれます。
 「誰も住んでいないはずなのに」
 「2階の窓に女の子の 姿が見える」
 だそうです。

 ロクサスが2階の窓の方を見ると、ロクサスの意識が白い部屋へと入り込みます。

■ 親友と自分の存在 ■
 白い部屋に入り込むと、そこにはナミネの描いたスケッチがたくさん貼ってあり、その中にロクサスとアクセルが描かれたものが。ロクサスとアクセルは親友だそうです。
 ナミネに「本当の自分のこと知りたくない?」と言われますが、ロクサスは「そんなこと自分が一番知ってる」と返答してしまいます。
 描かれたスケッチの中には、ソラ、ドナルド、グーフィーの絵も…。しかもロクサスはこの3人を知っています。
 1年前にナミネが、ソラの記憶の鎖をバラバラにしてしまったそうです。今はそれを元に戻しているところだとか。もうすぐソラの記憶は元通りになるようです。
 その影響が、ロクサスの夢に出ているのだとか。
 ロクサスとソラは繋がっている。そして、ソラが完全に元通りになるには、ロクサスが必要なのだそうです。
 なぜロクサスが必要なのか。それは、ロクサスがソラの半分を持っているからだそうです。
 そして、ロクサスの「君は何者?」の問いに対し、ナミネは「ソラとソラにつながる 人たちの記憶を操る魔女」と答えます。ディズにそう呼ばれたのだとか。
 なぜそんな力を持っているかも、どう使うのが正しいのかもわからない。
 そして、ロクサスは否定した、本当の自分を知るために、ナミネに知っていることを教えてほしいと問いかけます。
 ナミネの話では、ロクサスは「本当は存在してはいけない」のだとか。

■ 夏休み最後の日 ■
 ピンツに揺らされて、正気を取り戻すロクサス。
 窓を指差すロクサスですが、ピンツには何も見えておらず、カーテンが揺れていることしか目に入らないようです。
 ピンツと共に、いつもの場所へ行くと、オレットが待っています。レポートはもうまとめたから、駅に行こう、ハイネが待っていると言い、駅の時計塔へ。
 ハイネ、ピンツ、オレットの会話によると、明日は街の大捜索、明後日は夏祭り、夏休み最後の日だそうです。
 「夏休み最後の日」と聞いて、お腹が痛くなるハイネ(笑)勉強嫌いなんですね(笑)
 しかし、ピンツの観察によると、「アイスの食べ過ぎ」だそうです(笑)

■ ディズとアンセムの会話 ■
 ディズの話によると、幽霊列車を見せたのはディズのようです。
 海へ行けなかったことの代わりだとか。
 ソラに関わった者全てに、記憶の喪失が見られるようで、アンセムも例外無く記憶に穴が開いているそうです。ソラが回復する度に記憶が埋まっていくとか。
 ディズの目的は復讐。誰に復讐しようとしているのでしょうか?
 そして、ナミネの始末。「立派に役に果たしたようだから そろそろ消えてもらおう」だとか。
 ナミネもロクサス同様、存在を許されない者のようです。

■ 謎の言葉 ■
 「回復率97%」
 やはり、ソラの回復率のようです。

■ ソラの夢 ■
 ロクサスはまたノイズ入りのソラの夢の記憶を見ます。
 エンド・オブ・ザ・ワールドの夢、アンセムとの戦いの夢、王様と鍵をかける夢、リクにカイリを頼まれる夢、カイリと離れる夢、王様を探す夢、謎の男の夢、そして最後にノイズが壊れて終了します。

■ 前作のシークレットムービーシーン ■
 ネオシャドウに囲まれるフードを被った謎の男。どうやらこの男、ロクサスのようです。
 2本のキーブレードを所持し、ネオシャドウを倒しまくる謎の男ロクサス。
 ビルの上から見下ろす目隠しの男、リク。
 ビルを駆け上るロクサス。
 そして、キーブレード『過ぎ去りし思い出』をリクに向かって投げつける。
 ネオシャドウを倒した後に戦うロクサスとリク。
 なぜキーブレードを持っているかを問うリク。それに「知るか!」と吐き捨てるロクサス。ここで夢は終わります。
 翌朝、ロクサスが起き上がると、ソラの影がダブって見えます。

このページのトップへ

いつもの場所
■ THE 6th DAY ■
 翌朝、ロクサスがいつもの場所に行くと、何かが変。
 ハイネの肩に手をかけようとすると、すり抜けて触れることができません。驚くロクサス。
 まるでロクサスだけがその場に存在していないかのようです。
 思い出の写真を見ると、ロクサスが消えており、ハイネ、ピンツ、オレットの3人だけで写った写真になっています。

このページのトップへ

路地裏
■ アクセルの苦悩 ■
 ハイネたちを追いかけようとすると、街の様子が変。
 そこへノーバディとアクセルが登場。
 アクセルは、ロクサスが機関に戻らないなら消せと命じられたようです。
 しかし、ロクサスの「俺たち親友だろ?」の言葉に対し、記憶が戻ったと思ったアクセルは、確認のため機関のボスの名前を聞きますが、ロクサスには答えることができなかった。
 やはり記憶が戻ったのは、嘘ということがバレ、ノーバディたちをけしかけます。
ノーバディ『ダスク』
HP 属性 経験値 取得
35 物理:×1.0
ファイア:×1.0
ブリザド:×1.0
サンダー:×1.0
ダーク:×1.0
タイプなし:×1.0
9 -

ノーバディ『アサシン』
HP 属性 経験値 取得
35 物理:×1.0
ファイア:×1.0
ブリザド:×1.0
サンダー:×1.0
ダーク:×1.0
タイプなし:×1.0
15 -

 ここから新しい敵が出現します。
 ノーバディ『アサシン』は、地面に潜った後に連続攻撃をしてきます。食らうとコンボ終了まで食らい続け、かなりの大ダメージを受けるので潜ったら近寄らないようにしましょう。また、『アサシン』の技の中には、自らが消滅する類の技があります。早く終わりたい人はそれを使わせるのも良いでしょう。
 ただ、いつやってくるかはわかりませんが…。

 【出現するリアクションコマンド】
 スライドターン(ノーバディ『ダスク』)

 【INFORMATION】

 なぞの敵をやっつけろ!

 【PAUSE】
 なぞの敵をやっつけろ!
 アクセルよりも、まわりの敵を
 先に倒していけ!!

 ロクサスがノーバディたちを倒すと、今度はアクセルが戦おうとしますが、アクセルの時間を停止させ、「屋敷へ来い」という声が響きます。
 ここでじっくりアクセルの顔を見ることができます。アクセルファンは、セレクトボタンを押して、じっくりと堪能しましょう(笑)

 ロクサスがその場から去ると、アクセルは「俺の知っているロクサスはもういない」と、ロクサスを抹殺する決意をします。

このページのトップへ

屋敷前
■ 幽霊屋敷のウワサ ■
 屋敷前まで行くと、門には鍵がかかっており中に入れません。
 そうこうしているうちにノーバディに囲まれてしまいます。
 思わず「呼んだなら開けてくれよ」と愚痴をこぼしますが、その時ソラの記憶がよぎり、キーブレードで鍵を開けられることを悟ります。
 ロクサスが屋敷の中に入った後、門の前にはノーバディを通さなくするように、フードを被った謎の男が立ち塞ぎます。右手に持っている剣を見ると…リクみたいですが…。

このページのトップへ

屋敷:ロビー
■ キーブレードの使い方を思い出す ■
 とりあず、中に入ったら、2階の左の扉、屋敷:白い部屋を目指しましょう。
 右は書庫になっていますが、左の部屋に入らずに行っても、何もイベントが起きません。
 なお、1階の左の扉から、屋敷:ダイニングへ行けます。宝箱があるので入手しておくと良いでしょう。
ここで入手できるアイテム
アイテム 場所
ハイポーション※5 入って真っ直ぐ進んだところにある宝箱。
ポーション※5 左の階段途中にある宝箱。
ポーション※5 階段を上がったところにある宝箱。
※5 アイテム・・・ THE 6th DAYでのみ入手可能です

このページのトップへ

屋敷:ダイニング
■ 必ずしも行く必要は無い場所 ■
 必ず行く必要は無いですが、宝箱があるので行っておいて損は無いでしょう。
ここで入手できるアイテム
アイテム 場所
エルフィンバンダナ※6 入って左上隅にある宝箱。
ポーション※6 入ってすぐ左にある宝箱。
※6 アイテム・・・ THE 6th DAYでのみ入手可能です

このページのトップへ

屋敷:白い部屋
■ 1枚の絵 ■
 2階の左の扉に入ると、ナミネと話した白い部屋に出ます。
 そこで、ロクサスはある1つの絵を見て頭痛を感じ、過去にあった出来事を思い出します。

■ XIII機関所属時代 ■
 黒い服を着たロクサスが町を歩いています。
 ロクサスは、「なぜ、キーブレードが自分を選んだのかを知りたい」と言い、XIII機関からの脱退を決意しているようです。
 アクセルはそれを止めにきたといったところでしょうか。。
 ここで、ロクサスの過去は一旦終わります。

■ ロクサスはノーバディ? ■
 振り向くとナミネが座っています。
 ナミネの口からXIII機関は、完全な存在になるため、『キングダムハーツ』を求めているのだということを知ります。
 しかし、ロクサスが知りたいのはそんなことではなく、これから自分がどうなるのかということ。
 ナミネは「君は…」と言いかけたところで、バラバラに分解されてどこかへ行ってしまいます。
 そして、ディズ登場。
 ロクサスは自分を知りたいと強く思うも、ディズにノーバディに権利などないと一蹴されます。ノーバディに権利はない?ロクサスもノーバディなのでしょうか?
 闇の中からナミネが出現し、「ノーバディは人の半分の存在」、そして、「ロクサスは消えるのではなく元に戻る」のだと教えてくれます。
 話が終わると、ディズにどこかへ連れ去られてしまいます。
ここで入手できるアイテム
アイテム 場所
ナミネのスケッチ※7 屋敷:白い部屋でのイベントが終わった直後に入手できます。
屋敷の地図※7 同上。
※7 アイテム・・・ ナミネとのイベントが終わった後に自動的に入手

このページのトップへ

屋敷:書庫
■ 書庫に隠された研究施設 ■
 書庫に来ると、テーブルの上に紋章のようなものが描かれているのが発見できます。
 ここに『ナミネのスケッチ』に描かれている紋章と同じものを描き足すと、光を放って床が消え、地下への入り口が姿を現します。
ここで入手できるアイテム
アイテム 場所
ハイポーション※8 屋敷:白い部屋でナミネに会った後に、屋敷:書庫に入ると床が消えて宝箱が入手できます。
※8 アイテム・・・ THE 6th DAYでのみ入手可能です

このページのトップへ

屋敷:コンピュータールーム
■ 頭痛 ■
 書庫に出現した地下へ降りると、ロクサスがまた頭痛を引き起こします。
 そして、またXIII機関所属時代の映像が流れます。

■ 記憶の復元 ■
 特殊な椅子に座っている男たち。
 すでにチェインオブメモリーズで明らかにされている、『レクセウス』、『マールーシャ』、『ラクシーヌ』、『アクセル』、『ゼクシオン』、『ヴィクセン』の顔は明かされており、それ以外のXIII機関メンバーはフードを被っています。
 そのXIII機関メンバーが座っている椅子の中には、ロクサスの姿も。

 シーンが飛び、次の時には、ノーバディに追いかけられているロクサス。

 そして、リクとの戦いで気絶させられ、ディズとアンセムに捕らえられて、偽りの記憶に書き換えられ、仮想の街であるトワイライトタウンに送られたようです。
 それを思い出したロクサスは、キーブレードを出現させて、自分をトワイライトタウンへ送り込んだ機械を破壊します。

このページのトップへ

屋敷:地下広間
■ いきなりの敵 ■
 屋敷:コンピュータールームの次の部屋に行くと、いきなり、ノーバディ『ダスク』が4体出現して戦闘になります。
ノーバディ『ダスク』
HP 属性 経験値 取得
35 物理:×1.0
ファイア:×1.0
ブリザド:×1.0
サンダー:×1.0
ダーク:×1.0
タイプなし:×1.0
9 -

ノーバディ『アサシン』
HP 属性 経験値 取得
35 物理:×1.0
ファイア:×1.0
ブリザド:×1.0
サンダー:×1.0
ダーク:×1.0
タイプなし:×1.0
15 -

 ここでは、ノーバディ『ダスク』×4と、ノーバディ『アサシン』×2が出現します。
 『ダスク』の方は、2回攻撃→スライドターン→2回攻撃→スライドターン・・・と繰り返せば楽勝でしょう。
 厄介なのは『アサシン』の方、1体ずつ引き離して戦うのがベストですがそう簡単にいかないのが実状なわけで…。
 地面に潜り、爪のようなものを地上に出したら相手が連続攻撃をしてくる合図です。『リフレクトガード』で弾いて、地上に引きずり出し、ラッシュを浴びせて1体1体確実に倒して行くのが良いでしょう。

 【出現するリアクションコマンド】
 スライドターン(ノーバディ『ダスク』)

 【INFORMATION】

 なぞの敵を全滅させろ!

 なぞの敵をすべてやっつけろ!
 不思議な武器キーブレードで戦え!!

■ 2本のキーブレード ■
 ノーバディたちを倒すと、アクセルが出現。
 記憶を思い出したことを嬉しがっている(?)ようですが、もう遅いと言って、ロクサスを逃がさないように周りを炎の壁で覆ます。
 ロクサスも戦い方を思い出し、2本のキーブレードを出現。アクセルは2本出したことに驚きます。
 アクセルは周りの炎の壁から、チャクラムを作り出し、ロクサスとの決着をつけようとします。

【BOSS】アクセル
HP 属性 経験値 取得
345 物理:×1.0
ファイア:×0
ブリザド:×0.5
サンダー:×0.5
ダーク:×0.5
タイプなし:×0.5
-

-

 まずは、HPがじわりじわり減らされる『炎の牢獄』を解除することから始めます。
 『アクセル』の『連続攻撃』を弾き返し、『アクセル』の右手側に回りこむように移動し、『片手武器投げ』による反撃が来た直後にフィニッシュコンボまで叩き込み、空中に浮かせ、リアクションコマンド『クリア』→『ランアップ』を使います。
 直後に『アクセル』はしばらく動かなくなるので、地上コンボ→空中コンボまで確実に決めます。

 ここまでやると、恐らくHPが60%未満まで減って、第2段階になるので、『アクセル』が炎の壁に隠れたら、ロックオンすると、『アクセル』がどの辺りから飛び出してくるかがわかります。
 『アクセル』が飛び出してくる前にボタンを連打しておき、飛び出してきたらリアクションコマンド『バーストエッジ』を発動。
 『バーストエッジ』が当たると、『アクセル』はロクサスがいる方向へ吹っ飛んでくるので、ここでもコンボを当てます。あとは上記の繰り返しでOKです。
 ただし、『乱舞(2回目)』の直撃は避けたいので、レベルにもよりますが5回程度フィニッシュコンボすると、HPが25%未満になると思います。
 マメにロックオンしてHP残量を見ておき、『アクセル』のHPが25%を下回っていると思ったら、『乱舞(2回目)』を使うまで『アクセル』から離れて様子を見た方が良いと思います。

 『乱舞(2回目)』が発動されたら、炎の壁に『エアリカバリー』を使って何度も体当たりして回避します。
 『乱舞(2回目)』が終わった後に、再度『炎の牢獄』を使います。『アクセル』が炎の壁に隠れたら『バーストエッジ』→
フィニッシュコンボで打ち上げる→『クリア』→『ランアップ』と使います。
 これでまたしばらく動かなくなるので、地上コンボ→空中コンボと決め戦闘終了です。
 
『アクセル』の攻撃の対処方法については、ボスデータ『アクセル』を参照。

 【出現するリアクションコマンド】
 ランアップ→クリア(アクセル)
 バーストエッジ(アクセル)

 【PAUSE】

 アクセルと戦え!
 不思議な武器キーブレードで戦え!!

 アクセルを倒すと、ロクサスがXIII機関を抜ける時の映像が流れます。
 ロクサスが抜けても「誰も悲しまない」と言うロクサスに対し、アクセルは「俺は悲しい」という発言をします。
 アクセルは「生まれ変わったら会おうぜ」と言い、ロクサスはそれに対し、「待ってる」と返答。何かノーバディになることを決意したような言い方ですが、そうではなく、生まれ変わる方はロクサスの方のようです。アクセルは「バカだな おまえが生まれ変わるんだろうが」と言い残し、闇の中に消えて行きます。
 やはりアクセルはノーバディにされてしまうのでしょうか?

ここで入手できるアビリティ
能力 場所
最大HPアップ
 (ロクサス)
アクセルを倒すと能力値アップ。

このページのトップへ

屋敷:地下廊下
■ 眠っているドナルドとグーフィー ■
 屋敷:地下廊下に足を踏み入れると、ポッドの中に入って眠っているドナルドとグーフィーの姿が!
 ソラはここにはいないようです。
ここで入手できるアイテム
アイテム 場所
ハイポーション※9 屋敷:ポッドルームへの扉の近くにある宝箱。
※9 アイテム・・・ THE 6th DAYでのみ入手可能です

このページのトップへ

屋敷:ポッドルーム
■ ソラの片割れの最後? ■
 屋敷:ポッドルームに入ると、ディズが待ち受けています。
 「誰に言ってるんだ?」と聞くロクサスに対し、「もちろん ソラの半分に」言っていると言います。
 ディズが必要としている人間は、ロクサスのような闇側の住人ではなく、ソラのような光の世界を飛び回り、XIII機関を倒すことができる人間なのだそうです。
 ロクサスの「あんたは何者だ?」という質問に対し、「私は世界のしもべ」と答えるディズ。
 「私がしもべなら おまえは道具のようなものだ」と言われたロクサスは、キーブレードを出現させ、ディズを斬り裂きます。しかし、そこにいるのはデータで作ったディズの分身であり、本体ではないとのこと。
 怒りに任せ、キーブレードを振り回すロクサス。
 「俺の心は俺のものだ」と言って斬りかかるロクサス。しかし、ディズの分身に通用するはずもなく…。
 斬りかかった直後、目の前にあるポッドが花のように開き、中から眠っているソラが姿を現します。
 ソラに「うらやましいよ」、「俺の夏休み 終わっちゃった」と言うとプロローグが終了し、本当のキングダムハーツIIが幕を開けます。
■ 王様 ■
 トワイライトタウンの列車ホームに降り立つ王様の姿が!

このページのトップへ

ソラ編『トワイライトタウン』エピソード0へ


TOPキングダムハーツII>攻略ストーリーチャート(トワイライトタウン)