AND OR

 TOPキングダムハーツIIジミニーメモクエスト>最強ボス
▼キングダムハーツII クエスト(最強ボス)

[ クエスト一覧 ][ ミニゲーム一覧 ]

セフィロスにもう一度会う
クエストを始める方法  ホロウバスティオンのエピソード3クリア後、ホロウバスティオン 闇の淵にいる『セフィロス』に話しかける。
場所  ホロウバスティオン 闇の淵
得るもの  『フェンリル』
クエストのコンプリート条件  『セフィロス』を倒す。
クエストの内容
 ホロウバスティオンのエピソード3をクリアしていると、ホロウバスティオン 闇の淵にセフィロスが現れます。
 このセフィロスに話しかけると、すぐに戦闘に突入します。

■ 下準備 ■
 何の予備知識もなく戦うと、例えレベル99で挑んだとしても瞬殺されるような相手です。
 一瞬の操作ミスが命取りになります。最後まで気を抜かずに戦いましょう。
 まず下準備。以下の中で習得していたり所持している武具やアクセサリー、アイテムとアビリティを装備します。
カテゴリー 装備
武器  『コンボアップ』の効果がある『ホーリーパンプキン』。
防具  『リボン』が3つあれば最高。
 無ければ『カオスアンクル』×3。
アクセサリー  『コズミックアーツ』など攻撃力が上がるもの。
アイテム  『ハイポーション』×3、『エリクサー』×3
 配分はお好みで。『エリクサー』がもっと欲しければ、『ハイポーション』の配分を少なめにしてください。
ショートカットメニュー  ケアル系の魔法、リフレク系の魔法
 『ハイポーション』、『エリクサー』

アビリティ 装備する理由
リフレクトガード
ガードカウンター
 『連続斬り』を強制的に中断させることができるので絶対必要。
リベンジスラッシュ  『空中連続斬り』を強制的に中断させることができるので絶対必要。
ハイジャンプLV2〜3
エアドッジLV1〜3
 両方LV3であることが望ましい。
 『心無い天使』で浮上した『セフィロス』に攻撃するために絶対必要。
 その他にも、空中で方向転換したり、空中の攻撃をガードしたりするのに必要。
グライドLV2〜3  LV3であることが望ましい。
 『ファイガウォール』や、その他の攻撃の緊急回避に使えるのであると便利。
エアリカバリー
リーフベール
ラストリーヴ
コンボリーヴ
 倒される危険性が減ります。
 特に、『ラストリーヴ』、『コンボリーヴ』は無いと一瞬で倒されてしまうことがあるので、この2つは絶対装備。
MPヘイスト  MPチャージの時間が減る。
コンボプラス×2
エアコンボプラス×2
コンボアップ
エアコンボアップ
フィニッシュプラス
 コンボすればするほどダメージが大きくなる。
 
アルティマニアによると、コンボ数が多いと『セフィロス』がワープする可能性が高くなるそうですが、戦ってみたところそうでもないようです。
スラップショット
スライドダッシュ
ストライドブレイク
 地上コンボのダメージを増やせる。
 
アルティマニアによると、『ストライドブレイク』は、『コンボプラス』、『エアコンボプラス』同様、当てた時に『セフィロス』がワープする可能性が高くなるそうですが、戦ってみたところそうでもないようです。
エアリアルスイープ
エアスパイラル
エリアルフィニッシュ
 空中コンボのダメージを増やせる。
アイテムアップ  『ハイポーション』の回復量を増やせる。
ダメージアスピル  ダメージを受けるとMPを回復できる。

 ただし、以下のアビリティは外しておくように。

アビリティ 外す理由
ドッジスラッシュ  回り込むように攻撃するため、『ドッジスラッシュ』が『セフィロス』に当たるのが一瞬でも遅いと『セフィロス』が仰け反らないことがあるため、直後に『連続斬り』で攻撃されてしまいます。
エクスプロージョン  攻撃を当てた時に『セフィロス』がワープする可能性が高い。
エアスライド
ドッジロール
 『リフレクトガード』を出そうと思った時に、間違えて『エアスライド』を出してしまう可能性が高いです。
 FINAL MIX版では、『ドッジロール』も付けないようにしましょう。
ダメージドライヴ
ドライヴブースト
フォームブースト
サモンブースト
 ドライヴゲージを使うコマンドが選べないため、ドライヴゲージ、フォーム、召喚魔法に関連するアビリティは装備しても、APの無駄になります。
 
ただし、FINAL MIX版は、『リミットフォーム』が使えるのでこの限りではありません。

 なお、これ以下の装備でも、十分勝てます。腕に覚えのある人は、もっと弱い状態で試してみるのも良いかも。
 やり方さえ万全なら、レベル70程度あれば十分勝てます。
 どうしても勝てないという方は、『パワーアップ』、『ガードアップ』などを使って強化してから挑むと良いでしょう。

■ 第1段階の戦い方 ■
 戦闘開始直後に使ってくる、『一閃』をリアクションコマンド『ガード』で回避。
 その直後に『セフィロス』にフィニッシュコンボまで叩き込む。
 少し遠くまで逃げて、『連続斬り』を誘い、『リフレクトガード』で弾いた後に、フィニッシュコンボまで叩き込む。
 ただし、『フィニッシュプラス』を装備している時は、攻撃が外れることがあります。外した場合は、『セフィロス』が体勢を立て直すのが見えたら、即『リフレクトガード』→『ガードカウンター』発動でOKです。
 後は、『連続斬り』を誘発→フィニッシュコンボを繰り返す。
 ワープして空中に打ち上げられたら、『空中連続斬り』が来るのでボタンを押して『リベンジスラッシュ』で反撃し、そのまま空中コンボを叩き込む。

■ 第2段階の戦い方 ■
 『セフィロス』が、「図に乗るな」と言った時から第2段階。
 新たに『シャドウフレア』、『ファイガウォール』、『心無い天使』を使います。
 『ファイガウォール』は、吸い込む特性があるので、外へ走って逃げる。「消えろ……」と聞こえたら、すぐさま『グライド』で『セフィロス』から離れるように!
 『シャドウフレア』が出現している時は、ロックオンすると、青い球体の方ををロックオンしてしまうので、ロックオンしないようにする。ソラの近くに出現した時にリフレク系の魔法を発動すると、リフレク系の魔法の攻撃能力で周囲の『シャドウフレア』を破壊できます。
 『心無い天使』は、発動されると厄介なので、発動される前に、ジャンプ攻撃や『トリニティリミット』を使って潰す。中断できなかった場合は、発動した直後にアイテムで回復。『心無い天使』直後には『一閃』が来るのでそれに備えておきましょう。
 他は第1段階と同じ対処で。ただし、『連続斬り』の間合いが広くなっているので、2回斬るのが見えたら『リフレクトガード』を発動するように。
 なお、『フィニッシュプラス』を装備している時は、攻撃が外れることがあります。外した場合、第2段階以降は、かなりの確率で『ファイガウォール』が来るので、すぐに『セフィロス』の側から離脱すること。

■ 第3段階の戦い方 ■
 『セフィロス』が、「全ては私となるのだ……」と言った時から第3段階。
 この段階で最も重要なことは、とにかく、焦らないということです。
 新たに『移動斬り』と『メテオ』を使用するようになります。
 第2段階と同じく、「闇に堕ちろ……」と聞こえたらリフレク系の魔法で『シャドウフレア』を消し去ります。ただし、青い光球の数が飛躍的に増えます。
 『メテオ』は、断崖の方から隕石が落ちてくるので、壁側で『エアドッジ』をしながら回避。何発かは当たると思いますが、少し当たったくらいなら大したダメージにはなりません。
 こちらから攻撃するのは、『空中連続斬り』を放ってきた時。もしくは、壁際や崖際で『連続斬り』を『リフレクトガード』した後、または、『一閃』を『ガード』した後の3パターン。
 他の時に攻撃しようとしても、『ファイガウォール』を出されたりするので、中々攻撃できません。

■ HPを回復する時期について ■
 アビリティ『ラストリーヴ』、『コンボリーヴ』を装備しているなら、『セフィロス』戦ではHP2の状態でもHP満タンの状態でも大して状況が変わりません。
 なぜなら、『セフィロス』の攻撃を連続で喰らうとほぼHPが1しか残らないためです。HPが満タンに近いと思って安心してると、あっと言う間にHPを1まで減らされてしまいます。
 HPが1よりも少しでも多いのなら無理に回復しないことをオススメします。例え瀕死のアラートが鳴っていても、少しでも残っているなら回復しなくてもOKです。
 無闇にケアル系の魔法で回復したりするとMPチャージになってしまうため、『シャドウフレア』が防げなくなり、逆にピンチを招きかねません。
 また、無闇にアイテムを使って回復するのも、やはりオススメできません。アイテムは持てる数に限りがあるため(最高でも6個)、何度も回復しまくっていると肝心な時にアイテム切れの状態になります。アイテムを使って回復するのは、MPが無くてHPが1しか無い時と、MPが無くて『シャドウフレア』に囲まれてる時だけにしましょう。

 HPが1になった時は、次に攻撃を喰らった時点でゲームオーバーになってしまうので、HPが1になった時だけ回復するようにしましょう。

■ 音について ■
 『セフィロス』戦では、操作や攻略法も大事ですが、それらと同等に大事なものがあります。
 それは「音」です。
 『セフィロス』は、『連続斬り』、『空中連続斬り』、『移動斬り』以外の技を発動する時に、必ずセリフをしゃべります。この声によって、どれだけピンチを救われたかわかりません。
 最低でも『セフィロス』の声が聞き取れるくらいの音量は出しておきましょう。
 
『セフィロス』の攻撃の対処方法や、細かい装備については、ボスデータ『セフィロス』を参照。

■ 『セフィロス』を倒した後 ■(ネタバレ注意!ドラッグしてご覧ください)
 『セフィロス』を倒すと、「クラウドにここに来るように伝えろ」と言われます。
 クラウドは、ホロウバスティオン 商店街にいるので、彼を呼びに行きましょう。
 クラウドに話しかけ、「もちろん教えてあげよう。」を選択すると準備完了。
 再度、闇の淵を訪れ、セフィロスに話しかけるとクラウドとセフィロスの激しい戦いが見られ、ティファが止めに入ります。そして、2人はどこか別の世界へ飛び去ってしまいます。
 1人だけ取り残されてしまったティファ。彼女はお礼に『フェンリル』をくれます。
 この時のソラのセリフ「俺たち 何かしたっけ?」と言いますが、いやいやいやいや!苦労して倒したでしょ、セフィロスを!と誰もが思うはず(笑)

このページのトップへ

謎の入口を調査する
クエストを始める方法 FINAL MIX版のみ。
 クリアデータをセーブし、それをロードした後、ディズニーキャッスル 礎の間に出来た、空間の裂け目を調べる。
場所  ディズニーキャッスル 礎の間
得るもの  『つながりの証』
クエストのコンプリート条件  『留まりし思念』を倒す。
クエストの内容
 クリアデータをセーブし、それをロードした後、ディズニーキャッスル 礎の間に行くと、入口の向かいの壁の空間に穴が開いています。
 これを調べることで、別の空間に飛ばされます。
 そこに居たには鎧の男・留まりし思念。
 その男は「アクア―― ヴェン――」と誰かの名前を呼んでいます(実はバースバイスリープのメインキャラですが…)。
 ソラが警戒してキーブレードを出現させると、留まりし思念は「おまえには会った事がある」、「あの時の――」、「いや、おまえでは無い――」、「俺はおまえを選んでいない――」と意味深な言葉。
 その後に出た言葉が「なぜ 彼では無い?」、「ゼ ア ノート――」、「なのか?」、「ゼア ノート――」、「ゼアノート!」というセリフ。
 どうやらゼアノートと勘違いして襲い掛かってきます。

■ 下準備 ■
 レベルは90以上あるのが望ましいです。できることならレベル99の上、能力強化アイテムでステータスを補強しておきたいところです。
 特に『留まりし思念』は攻撃力が凄まじいので、もしステータスアップさせるのなら防御力を重点的に上げておきましょう。
 さて、まずは下準備。以下の中で習得していたり所持している武具やアクセサリー、アビリティを装備します。

カテゴリー 装備
武器  ソラに『MPヘイスガ』の効果がある『アルテマウェポン』。
 ドナルドに『ハイパーヒーリング』の効果がある『セイヴザクイーン』。
 グーフィーに『アイテムアップ』の効果がある『セイヴザキング』
防具  ソラに『ハイエストリボン』、『リボン』×3。
 ドナルドに『リボン』×2。
 グーフィーに『リボン』×3。
アクセサリー  ソラに『フルブルーム+』×4。
 ドナルドに『フルブルーム+』×
3
 グーフィーに『フルブルーム+』×2。
アイテム  ドナルドとグーフィーのアイテム欄に全て『ハイポーション』を装備
 (どちらも頻度を「ピンチだけ」に設定)
ショートカットメニュー  ファイア系の魔法、サンダー系の魔法、
 ケアル系の魔法、リフレク系の魔法。

 以下は装備アビリティ。優先順位を付けました。「必要」は必ず装備しておくべきもの。これがあるか無いかで命運が分かれるくらい重要と言っても過言ではありません。

装備優先順位 装備するアビリティ
必要  『リフレクトガード』、『スラッシュアッパー』、『エアサイドスラッシュ』、
 『ハイジャンプLV3』、『ドッジロールLV3』、『エアドッジLV3』、
 『グライドLV3』、『エアリカバリー』、『ラストリーヴ』、『コンボリーヴ』。
高い  『フィニッシュライズ』、『フラッシュステップ』、『スライドダッシュ』、
 『ストライドブレイク』、『エクスプロージョン』、『エリアルスイープ』、
 『エアスパイラル』、『エリアルダイヴ』、『エリアルフィニッシュ』、
 『コンボマスター』、『コンボプラス』×2、『エアコンボプラス』×2、
 『コンボアップ』、『エアコンボアップ』、『フィニッシュプラス』、
 『チャージバーサク』、『ダメージドライヴ』、『ドライヴブースト』、
 『サモンブースト』、『コンビブースト』、『リーフベール』、
 『MPヘイスト』、『ファイアアップ』。
普通  『オートロックマジック』、『ドロー』、『サンダーアップ』、
 『ダメージアスピル』、『ディフェンダー』、『クライシスハーフ』。
低い  『プライズアップ』。
外しておく方が良い  『ドッジスラッシュ』、『ガードカウンター』、『オートブレイヴ』、
 『オートウィズダム』、『オートリミット』、『オートマスター』
 『オートファイナル』、『エアスライドLV3』、『コンボマイナス』、
 『リアクションアップ』、『ラックアップ』。
その他  ドナルドに『ドナケアル(頻度を「あんまり」に設定)』、
   『ファンタジア』、『ダメージアスピル』、
   『MPヘイスラ』、『オートれんけい』、『ハイパーヒーリング』。
 グーフィーに『アイテムアップ』、『ディフェンダー』、
   『クライシスハーフ』、『ラストリーヴ』、『コンボリーヴ』、
   『ハイパーヒーリング』。

■ HP40%以上での戦い方 ■
 まず、戦闘開始した時に後ろに向かって『ドッジロール』します。これは相手がどんな技を使ってきても対応できるようにです。
 『留まりし思念』の戦闘パターンは主に以下の5パターン。
  ・『ドリル攻撃』の連発。
  ・『突進攻撃』の連発。時折『ムチ攻撃』。
  ・『ウェブライダー』による突進攻撃。
  ・『キャノン砲』→『コマンド変化攻撃』のローテーション。
  ・『コマンド封印攻撃』→『突進攻撃』のローテーション。
 この中で、最初に使ってくるパターンが、一番下のパターンだった場合は、はっきり言って、一度ゲームオーバーにしてやり直した方が良いと思います。
 『留まりし思念』の攻撃の中で、最も厄介なのは『コマンド封印攻撃』と言っても過言ではありません。
 これを最初の時点でやられると、早々『スティッチ』を召喚しなければならなくなるので、倒すのは難しいと思います。

 『突進攻撃』は、『留まりし思念』が空中で翻(ひるがえ)ったら、『リフレクトガード』を3回。
 3回目で方向転換した場合は、更に3回『リフレクトガード』。

 『ウェブライダー』は、まず『グライド』で岩の近くまで逃げる。
 『ウェブライダー』が1回その場で旋回した後に突進してくるので、旋回したら『リフレクトガード』。他は『突進攻撃』と同じようにタイミングを合わせて『リフレクトガード』。
 『ビット』が出現している場合はリフレク系の魔法の連発で回避。

 『キャノン砲』は、どこまでもソラを追ってくるので、近くに来たら『キャノン砲』に向かって『ドッジロール』。
 可能であれば発動前に『留まりし思念』にギリギリまで近付き、『リフレクトガード』で弾き返して、『留まりし思念』に当てればダメージを与えつつ攻撃を中断させることができます。

 『ドリル攻撃』は、発動前に走って近付いてくるので、走って近付いてきたら、少し早めに『リフレクトガード』を出す。
 かなり早いと思ったところでも良いです。出が早いので、間合いを詰められたら『リフレクトガード』できません。

 『コマンド封印攻撃』は、『スティッチ』を召喚し、わざとダメージを受けた後に、『ウクレレ』で『留まりし思念』が浮いている間に近付いて青の『封印コア』なら空中コンボで、オレンジの『封印コア』ならファイア系の魔法を連発する。

■ HP40%未満での戦い方 ■
 頻繁に『超乱舞』を使ってくるようになります。この技を完全回避できるかどうかで、難易度が格段に違ってきます。
 『超乱舞』は、『留まりし思念』が光を発したら少し離れたところで待機。突っ込んできたら『リフレクトガード』を3回。
 ロックオンを外して、『エアドッジ』→『グライド』で外周を飛び回り、『留まりし思念』を引き離したら外周へ背を向けて待機し、再度ロックオン。
 『留まりし思念』がキーブレードを上空へ掲げて光を放出し、キーブレードを左右に1回ずつ振った直後に瞬間移動してソラを斬り付けます。
 なので、キーブレードを左右に1回ずつ振った瞬間に『リフレクトガード』5回。この時ボタンでロックオンしながら『リフレクトガード』を発動させてください。
 この方法で完全回避可能です。

 また、『コマンド封印攻撃』や『コマンド変化攻撃』も頻繁に使用するようになるので、HP40%以上の方法で対処を。

■ ダメージ補正について ■
 『留まりし思念』は、特殊なダメージ補正率を持っており、攻撃してもダメージを大幅に減らされてしまいます。
 しかし、連続してダメージを与え続けると、その補正率が緩和されていきます。

 そこで、『たたかう』を当てた後に、『スラッシュアッパー』→『エアサイドスラッシュ』×3〜4→『エリアルフィニッシュ』→2つ目のフィニッシュ技と使うことで、大幅にHPを削り取ることができます。
 着地したら、今度は地上コンボを2〜3回喰らわせると良いでしょう。そのままフィニッシュ技まで当てようとすると、高い確率で『ムチ攻撃』を喰らってしまうので、途中で止めて、次の攻撃に備えるのが得策です。
 また、MPチャージ中に攻撃する機会がある場合は、『たたかう』→『スラッシュアッパー』→『エアサイドスラッシュ』をMPが回復するか、『留まりし思念』が反撃してくるまで使う、と攻撃して行くと良いでしょう。補正が一気に緩和されるため膨大なダメージを与えることができます。

■ 簡単に倒す方法 ■
 実は、かなり楽に倒す方法があります。
 ドナルドの『ファンタジア』を使う方法です。
 やり方は、連携技『ファンタジア』を発動し、『コメット』を当てて『留まりし思念』を浮かせた後、空中で1回だけ攻撃→延々と『エアサイドスラッシュ』連発。
 『留まりし思念』が、瞬間移動か、『ムチ攻撃』で反撃するまで延々と繰り返します。
 MPチャージが終わったら、また連携技『ファンタジア』。
 これを繰り返すだけです。
 延々と『エアサイドスラッシュ』を喰らわせるため、特殊な補正率が緩和され続け、物凄い勢いでHPを削り取ることができます。
 ただし、この方法は『留まりし思念』の攻撃方法を熟知していないと上手くいかないので、何度か戦って『留まりし思念』に攻撃が当たるタイミングを覚えると良いでしょう。
 
『留まりし思念』の攻撃の対処方法や、細かい装備については、ボスデータ『留まりし思念』を参照。

■ 『留まりし思念』を倒した後 ■
 『留まりし思念』を倒すと、『つながりの証』を入手できます。
 『セフィロス』とは違い、倒した後もディズニーキャッスル 礎の間の空間の穴は塞がらず、何度でも『留まりし思念』と戦うことができます。
 なお、2回目以降は、倒した時に『現れた幻影』を入手できます。

このページのトップへ


TOPキングダムハーツIIジミニーメモクエスト>最強ボス