【BOSS】ルクソード
 
▼出現場所
EP 出現ワールド
1 存在しなかった世界 混沌の狭間
 
▼同時に出現する敵
敵名
カード
 
▼ステータス
場所 HP 攻撃力 防御力 経験値
(上記と同様) ※1 45 26 -
※1 HP・・・ 時間ゲージがHPの代わりになっています
初期値は1500
 
▼タイプごとのダメージ倍率
物理 ファイア ブリザド サンダー ダーク タイプなし
×1.0 ×0.5 ×0.5 ×0.5 ×0.5 ×0.5
 
▼落とすプライズ
条件 HP MP ドライヴ マニー アイテム
『○を引き当てるゲーム』に勝った時

小×5
大×20

-

-

-

-
『カード』のHPをゼロにして消した時(OR版) - 小×10
大×5
- - -
『カード』のHPをゼロにして消した時(FM版) - 小×4
大×2
- - -
 
▼使用技(技の名前欄の赤い文字はリアクション可能な技)
技の名前 技の説明・効果
カードスラッシュ  巨大なカードを手から出してなぎ払った後、巨大なカード複数を繋げて突きで攻撃します。
 タイプ:物理。
 弾き返し:△。
フラッシュ  「勝負するか?」(FM版は「A challenge is it?」)と言いながら、光を放ち、その光に当たると茨のような光でソラを囲み、7回のダメージを与えます。
 タイプ:物理。
 弾き返し:×。
カード攻撃  「カードオフ!」と言いながら、巨大なカード2つを出現させ、カードを横向きに回転しながら攻撃させます。
 タイプ:物理。
 弾き返し:△。
『ルクソード』がカードに姿を隠した時に使用。
爆弾カード  『ルクソード』を探し当てる時に、赤いマークの描かれたカードを引くと、爆発してソラの身体が燃えます。
 タイプ:物理。
 弾き返し:×。
『ルクソード』の時間ゲージが25%未満になると使用。
カード乱舞  「ゲームの支配者は俺だ!!」(FM版は「Not you the top of the game !!」)と言いながら、複数のカードを投げて特殊な空間を作ります。
 その後「巨大なカードを2枚投げる攻撃」→「巨大なカードで叩き付けた後、3枚の巨大なカードを投げる攻撃」→「2枚の巨大なカードを持って回転しながら攻撃しつつ、軌道上に回転するカードを残す攻撃」の順番に使用し、最後に「ソラ ルールは理解したか?」と言いながらソラの周囲に超巨大なカードを並べ、「○を4つそろえるゲーム」を行います。
 「○を4つそろえるゲーム」に勝利すると、ソラが周囲に並んでいるカードを手の中に集め、それを全て『ルクソード』にぶつけます。これを喰らった『ルクソード』の時間ゲージはゼロになります。
 失敗するとソラがダイスの姿にされます。

 ちなみに、「巨大なカードを2枚投げる攻撃」の時は「死ねっ!」(FM版は「scatter !」)、「2枚の巨大なカードを持って回転しながら攻撃しつつ、軌道上に回転するカードを残す攻撃」の時には「負けろ!」と叫びながら攻撃してきます。
 タイプ:物理。
 弾き返し:△。
 
▼発動させることができるリアクションコマンド
  (技の頭に付いている『』は上の技から派生していることを示しています
技の名前 技の説明・効果
めくる  立っている『カード』の近くにいる時に発動できるリアクションコマンドです。
 『カード』をめくって消します。『カード』は「白紙カード」、「爆弾カード」、「時間カード」、「ルクソードカード」の4種類。
ゲームスタート  『ルクソード』が『フラッシュ』を使用する直前に発動できるリアクションコマンドです。
 「ルールは理解したか?」
(FM版は「Do you knou the rule」)と言うと、『ルクソード』の後ろに「○」と×」が描かれた4枚の巨大なカードが出現し、「○を引き当てるゲーム」が始まります。
 失敗するとソラがカードの姿にされます。
 
▼行動パターン
 「最初に時間を失ったら負けだ」(FM版は「The first run out of the time is the loser」)というセリフで戦闘開始。

 ソラ1人で戦うことになります。
 この戦闘では、ソラはHPの他に時間ゲージが、『ルクソード』にはHPが設定されておらず、時間ゲージだけがあります。この時間ゲージをゼロにしてトドメを刺すことで勝利となります。
 時間ゲージの量と減少する仕組みは以下のようになっています。
  ・ 初期値は1500で、1秒につき5ずつ減少(ゲームの最中は減少しない)。
  ・ ソラが攻撃を受ける度に、ソラの時間ゲージが2(受けた攻撃が『爆弾カード』だと150)減る。
  ・ 『ルクソード』が攻撃を受ける度に、『ルクソード』の時間ゲージがダメージ量と同じだけ減る。

 戦闘開始時、「○を4つそろえるゲーム」で負けた時に変化させられる、ダイスの状態から始まります。

 通常は『フラッシュ』と『カード攻撃』を頻繁に使い、合間に『カードスラッシュ』を使用します。
 時間ゲージが60%未満になると、「よく見るんだ」(FM版は「Look closely」)と言いながら、カードに姿を隠します。
 『ルクソード』が姿を隠すと、4種類のカードが出現します。4種類のカードの効果は以下の通り。

カードの種類 絵柄と効果・解説
白紙カード  表面に何も描かれていない白紙のカード。
 めくっても何も無し。メリットもデメリットもありません。
爆弾カード  表面に赤いマークの描かれたカード。
 めくると爆発するデメリットカード。ソラの時間ゲージに150もの大ダメージを与えます。
時間カード  表面に時計が描かれたカード。
 めくると『ルクソード』の時間ゲージが少しだけ減るメリットカード。
ルクソードカード  表面に『ルクソード』が描かれたカード。
 『ルクソード』が姿を消している時にのみ出現するカードで、めくると『ルクソード』が姿を現します。メリットもデメリットもありません。

 『ルクソード』がカードに隠れている状態で「爆弾カード」をめくってしまうと、『爆弾カード』で攻撃されます。
 『ルクソード』が隠れた時に出現させるカードの内訳は以下の通り。
  ・1回目・・・3枚のカード(白紙1、時間1、ルクソード1)
  ・2回目・・・5枚のカード(爆弾2、時間2、ルクソード1)
  ・3回目・・・10枚のカード(白紙6、爆弾3、ルクソード1)

 『フラッシュ』をリアクションコマンド『ゲームスタート』で返すと、「○を引き当てるゲーム」が始まります。
 『ルクソード』の時間ゲージが25%未満になると『カード乱舞』を使用し、技の最後に「○を4つそろえるゲーム」が始まります。

 「○を引き当てるゲーム」と「○を4つそろえるゲーム」は以下のようなゲームルールとペナルティになっています。
ゲーム名 ゲーム内容
○を引き当てるゲーム  コマンドのうち3つが「×」、1つが「○」になり、「○」の位置がスロットのように切り替わります。
 カーソルを合わせたコマンドが「○」の時にボタンを押すと、ソラの勝ちで「見事だ」と言いながら『ルクソード』がプライズを落とします。
 逆にコマンドが「×」の時にボタンを押したり約4.5秒が経過すると、『ルクソード』の勝ちで、ソラがカードの姿にされてしまいます。このカードへの変化はフォームゲージが2本分無くなるまで持続します。

 カードに変えられている時は移動と『たたかう』しかできません。『たたかう』は、カードを横にしてその場で2回転します。
 ちなみに、表面にはソラが捕らえられたような絵が描かれています。
○を4つそろえるゲーム  コマンド4つが「○」と「×」に交互に変化します。
 カーソルを動かして、合わせタコマンドが「○」の時にボタンを押していき、4つ全てのコマンドを「○」で止めれば、ソラの勝ちで『ルクソード』の時間ゲージがゼロになります。
 逆に1つでも「×」があったり約9秒が経過すると、『ルクソード』の勝ちで、ソラがダイスの姿にされてしまいます。このダイスへの変化は、カードへの変化同様、フォームゲージが2本分無くなるまで持続します。

 ダイスに変えられている時はジャンプと『たたかう』しかできません。『たたかう』は、前方に転がりながら突進します。この突進には攻撃を弾く効果があるため、攻撃することができます。
 ちなみに、ダイスの1の面にソラの顔の絵が描かれています。

 『ルクソード』の時間ゲージがゼロになると、「時間は大切にしろ」と言いながら空中にカードを5つ並べるだけで攻撃してこなくなります。

 撃破すると「楽しいゲームだ」(FM版は「You play the game quite well」)というセリフと共に戦闘終了します。

 
▼攻略法・アドバイスなど
 あまり強くはないので、普通に戦っていても恐らく負けることはないと思います。
 『ルクソード』戦では、とにかくゲームでハズレを引かないことが重要となってきます。
 『ルクソード』が隠れた時の多数の『カード』対策に、アビリティ『エクスプロージョン』を装備しておくのをオススメします。

 トリッキーな動きが多いので、自分からはあまり攻めて行かず、『ルクソード』の方から近付いてきたら、堅実にダメージを与えていきましょう。
 また、『フラッシュ』を使用する直前に『ルクソード』の近くにいるとリアクションコマンド『ゲームスタート』ができます。この『ゲームスタート』を成功させると、『ルクソード』が少しの間動かなくなるので、その間に攻撃しましょう。
 『ルクソード』がカードに隠れるようになったら、「時間カード」を狙ってリアクションコマンド『めくる』を使用。
 この時、「爆弾カード」は時間ゲージを一気に150も減らされるので、絶対にめくらないように!
 3回目にカードに隠れた時は、「時間カード」が1枚も無く、メリットが無いので『エクスプロージョン』で全部倒してしまってOKです。

 時間ゲージが25%未満になった後に使用する『カード乱舞』の最後の「○を4つそろえるゲーム」は、成功すれば『ルクソード』の時間ゲージをゼロにできるので、確実に成功させましょう。失敗するまでに9秒も時間があるので、落ち着いて「○」を選んで行けば成功できるはずです。

 以下『ルクソード』の攻撃の対処方法ついて説明します。
  ・カードスラッシュ 攻撃動作が速いので『リフレクトガード』で防ぐのは少し難しいかと思います。
『ルクソード』が『フラッシュ』を使っている時以外に近付かなければOK。
  ・フラッシュ 「勝負するか?」(FM版は「A challenge is it?」)と聞こえたら、ボタンを連打しながら急いで近付いて、リアクションコマンド『ゲームスタート』を発動させる。
『ゲームスタート』は落ち着いて対処すれば、HPプライズがっぽりで回復も図ることができます。
  ・カード攻撃 「カードオフ!」と聞こえた直後に、『リフレクトガード』を出せばガードできます。
その後にリアクションコマンド『めくる』か、『エクスプロージョン』で消滅させる。
  ・爆弾カード 『ルクソード』がカードに隠れるようになった時に、赤いマークの付いたカードをめくらなければOK。
3回目は、「時間カード」が1つもないので、『エクスプロージョン』で消滅させてしまってOK
です
  ・カード乱舞 「ゲームの支配者は俺だ!!」(FM版は「Not you the top of the game !!」)と言った時にソラのHPがよほど減っているのならケアル系の魔法で回復。
最後の「○を4つそろえるゲーム」は落ち着いて1つ1つ「○」を選び、成功させる。
技の初期段階のコンボは全部喰らってもOKです。どうせこれが終われば『ルクソード』の時間ゲージがゼロになり、あとはトドメを刺すだけになるので。
例え「○を4つそろえるゲーム」に失敗しても、『ルクソード』はほとんど攻撃してこなくなるので、回復さえしっかりやっておけば勝利できます。

 
 

 直接リンクでこのページに来た方はこちらでフレームONにできます。
 フレーム使えない方はこちら
 別ウィンドで開いた方はブラウザを閉じてください。