【LAST BOSS】ゼムナス(2回目)
 
▼出現場所
EP 出現ワールド
1 存在しなかった世界 (謎の空間最奥部)
 
▼同時に出現する敵
敵名
-
 
▼ステータス
場所 HP 攻撃力 防御力 経験値
(上記と同様) 1500 45 26 -
 
▼タイプごとのダメージ倍率
物理 ファイア ブリザド サンダー ダーク タイプなし
×1.0 ×0.5 ×0.5 ×0.5 ×0.5 ×0.5
 
▼落とすプライズ
条件 HP MP ドライヴ マニー アイテム
-

-

-

-

-

-
 
▼使用技(技の名前欄の赤い文字はリアクション可能な技)
技の名前 技の説明・効果
イバラビーム  『イバラビーム』には2種類あり以下のような違いがあります。
  ・ ソラを空中に放り投げた後に周囲に張り巡らせる。同時に他の攻撃も織り交ぜる。
  ・ 地上にいる時に、「捕らえよ!」(FM版では「Bind !」)と言いながら、イバラ状のビームを手から放つ。
 タイプ:物理。
 弾き返し:×。
ブレード攻撃  両手に持ったエアリアルブレードで斬り付けます。斬り方は縦回転して斬る、横に回転しながら斬るなど多彩。
 タイプ:物理。
 弾き返し:×。
キック  回し蹴りや水面蹴り、サマーソルトなどで攻撃します。
 タイプ:物理。
 弾き返し:△。
武器落とし攻撃  ソラが空中で蹴り落とされキーブレードを落とします。
 リクが落としたキーブレードをソラに向かって投げ付け、ソラがキャッチしたところに、『ゼムナス』のエアリアルブレードが振り落ろされてつばぜり合いの状態になり、リクが援護に来ます。
 タイプ:物理。
 弾き返し:×。
スパークボム  「いなくなれ!」(FM版では「Be gone !」)と言いながら、両手から爆発する青い光の球を2つ放ちます。
 タイプ:ダーク(FM版ではサンダー)
 弾き返し:×。
HP50%未満になると上の技を使わなくなり、代わりに使用し始めます。
ショット  赤く光る弾丸を空中に配置した後放ちます。
 種類は4種類あり、以下のようになっています。
  ・ 「消えたらどうだ?」と言いながら手から赤く光る弾丸を連射する攻撃。
  ・ 分身して両方の『ゼムナス』が赤く光る弾丸を連射する攻撃。
  ・ ソラの周囲を回って、赤く光る弾丸を配置し「撃て!」と言った後に一斉に発射する攻撃。
  ・ 空中に配置して、「撃て!」と言った後に一斉に発射する攻撃。
 タイプ:サンダー。
 弾き返し:△。
HP50%未満になると、一度だけ使用。
拘束攻撃  (FM版は「Can you spend a heart?」)と言いながら、両手から光を放って空中でソラを拘束し、ダメージを与え続けます。
 タイプ:タイプなし。
 弾き返し:×。
HP10%未満で、なおかつ、『拘束攻撃』が終わっている時に使用。
全方位ショット  「光など…無いのだ」(FM版は「There's no such a fool of light」)と言いながら、両手から闇を出現させて両手を組み、ソラとリクを暗黒のドーム状の空間に転移させ、無数の赤く光る弾丸を出現させて、中心にいるソラとリク目掛けて連射します。
 タイプ:サンダー。
 弾き返し:△。
ソラが『拘束攻撃』を受けていて、操作キャラがリクに切り替わっている時に使用。
スパークウォール  「防げ!」と言いながら、『ゼムナス』の前に攻撃を跳ね返す壁を作り出します。
 タイプ:サンダー。
 弾き返し:×。
スパークボム  「いなくなれ!」(FM版では「Be gone !」)と言いながら、両手から、爆発する青い光の球を2つ放ちます。
 タイプ:ダーク(FM版ではサンダー)
 弾き返し:×。
 
▼発動させることができるリアクションコマンド
  (技の頭に付いている『』は上の技から派生していることを示しています
技の名前 技の説明・効果
スライドターン  『イバラビーム』が放たれた時に発動できるリアクションコマンドです。
 空中にいる『ゼムナス』が『イバラビーム』を放った場合は舞い上がってかわし、地上にいる『ゼムナス』が『イバラビーム』を放った場合は、高速移動してかわします。
ふせぐ  『武器落とし攻撃』の実行中にリクと2人で『ゼムナス』の攻撃を受け止めた時に発動できるリアクションコマンドです。
 『ゼムナス』が攻撃を、空中で回転してかわします。
 なお、ボタンを押さなかった場合、そのままダメージを受けます。
すくいだす  リクを操作中に『拘束攻撃』を受けているソラに近付いた時に発動できるリアクションコマンドです。
 『ゼムナス』の顔に向かって剣を突き下ろし、それを『ゼムナス』が避けたところを、右手から出ている『拘束攻撃』のビームを左手で掴んで防ぎ、『ゼムナス』の顔に二撃加えた後に、掴んでいる右手を振り回して『ゼムナス』を投げ飛ばした後、ソラに対して「だらしないぞ!」と言います。
リフレクト  『全方位ショット』で弾が飛んでくる時に発動できるリアクションコマンドです。
 リクを狙った弾を弾き飛ばします。
 これを使った後の『ゼムナス』は、HPが1になり、気絶して動かなくなります。なお、この状態になるといくら待っても戦闘に復帰することはありません。
 
▼行動パターン
 「怒り、憎しみ最高だ」(FM版は「Anger and hate are supreme」)というセリフで戦闘開始。

 ソラとリクの2人だけで戦います。なお、この戦闘ではソラの他に、リクのHPがゼロになった場合もゲームオーバーになります。

 戦闘開始直後、「一緒に行こう……」(FM版では「We shall go together……」)と言いながらソラを掴んで空中に放り投げます。
 その後は、『イバラビーム』を連発しつつ、『ブレード攻撃』や『キック』で攻撃してきます。この空中で『イバラビーム』連発モードの時、ソラがダメージを受けると『武器落とし攻撃』に移行することがあります。

 一連の動作が終わった後は、分身を出現させてワープしながら、『ブレード攻撃』、『キック』、『イバラビーム』、『スパークボム』で攻撃してきます。

 HPが50%未満になると、上の技を使わなくなり、代わりに『ショット』のみを使用するようになります。
 ある程度『ショット』で攻撃した後、『拘束攻撃』を使ってソラを拘束し、操作キャラがリクにチェンジします。

 リクの操作方法は以下の通り。
ボタン 内容
左スティック  移動。
ボタン  『たたかう』による近距離攻撃。
ボタン  『ダークオーラ』による遠距離攻撃。
ボタン  ジャンプ。
ボタン  『拘束攻撃』されているソラに近付いた時にリアクションコマンド『すくいだす』が出現します。

 操作キャラがリクになっている間は、『ゼムナス』の分身が『スパークウォール』と『スパークボム』で攻撃してきます。
 『拘束攻撃』されているソラに近付いて、リアクションコマンド『すくいだす』を使うことで、操作キャラがソラに戻ります。
 『すくいだす』の後、『ゼムナス』は少しの間気絶して動かなくなります。
 なお、リクになっている間は回復手段がありません。

 HPが10%未満になると、「光など…無いのだ」(FM版は「There's no such a fool of light」)と言いながら『全方位ショット』を使用します。この攻撃を使用する前は、HPが残り1までしか減りません。
 『全方位ショット』の最中は、ソラの『たたかう』が『リフレクト』に変わり、リアクションコマンド『リフレクト』が出現します。
 ボタンがソラの『リフレクト』、ボタンがリクの『リフレクト』に対応しています。

 『全方位ショット』後、『ゼムナス』はHPが1になり、完全に気絶状態になって、その後どれほど待っても戦闘に復帰することはありません。

 
▼攻略法・アドバイスなど
 戦闘開始直後にソラを掴んで投げられるので、ショートカットメニューでリフレク系の魔法を連打しておく。こうすることで、投げる攻撃を受けずに済みます。
 その他、掴まれた直後に『れんけい』→『トリニティリミット』にカーソルを合わせておき、ボタンを連打して、最速の状態で『ゼムナス』にダメージを与えると、空中での一連の動作を全てカットすることができます。この“最速の状態”というのは、『ゼムナス』がワープしてきて透明になっている状態です。この状態で攻撃を当てるには、ボタンを超連打しなければなりません。
 それ以外の状況でノーダメージに近い状態にするなら、空中で『イバラビーム』を放っている間は、
ボタンのみ連打してリアクションコマンド『スライドターン』を繰り返すだけにした方が良いでしょう。

 
分身を出現させてワープしながら攻撃してくるようになったら、『ブレード攻撃』、『キック』、『スパークボム』を使っている間はボタンのみ連打しながら避け、『イバラビーム』を使ってきたら『スライドターン』で、『ゼムナス』に近付いた後に、フィニッシュコンボまで叩き込むと良いでしょう。フィニッシュコンボまで叩き込んだ後も、『スライドダッシュ』でそのままコンボに持ち込める可能性もあるので、2度めの攻撃にチャレンジしてみるのも良いと思います。

 『ショット』を使ってくるようになったら、リフレク系の魔法や『リフレクトガード』でガードしながら、『拘束攻撃』を仕掛けてくるまで回避し続ける。

 『拘束攻撃』は、『拘束攻撃』を使用する前に『ゼムナス』の体から「バシュッ」という音を立てながらオーラが発生します。この音が聞こえたらリフレク系の魔法を使うことで回避することが可能です。
 操作キャラがリクに変わってしまったら『ダークオーラ』を連発しつつ少しずつ進み、ソラの近くまで入ったら、リアクションコマンド『すくいだす』を使う。
 この『すくいだす』の後、少しの間気絶して動かなくなるので、すかさずフィニッシュコンボまで叩き込みましょう。
 上手く行けば、この後すぐに『全方位ショット』に持ち込むことができます。

 『全方位ショット』を発動したら、
ボタンとボタンを連打してガード。
 これが終了すると、『ゼムナス』のHPが1になり、勝利確定となります。


 以下『ゼムナス(2回目)』の攻撃の対処方法ついて説明します。
  ・イバラビーム 種類別の対処法は以下の通りです。
■ 
「空中イバラビーム」の対処 ■
ダメージを受けないだけなら、リアクションコマンド『スライドターン』を繰り返すだけでOKです。
ただ、ダメージまで与えるとなると、こちらもそれなりのダメージを覚悟しなければなりません。
ボタンとボタンを同時に連打して、避けながら『ゼムナス』にダメージを与えます。吹き飛ばされたらボタンで『リベンジスラッシュ』。

■ 「地上イバラビーム」
の対処 ■
常に
ボタンを連打しながら走り回ることです。
『ブレード攻撃』や『キック』は、はっきり言って当たるなという方が無理なので、最も避け易い『イバラビーム』にだけ的を絞って回避します。
『スライドターン』した後、『ゼムナス』の近くに移動した場合は、すかさずコンボを叩き込みましょう。
  ・ブレード攻撃 動きが変則的過ぎて、予測して避けるのは至難の業です。
『イバラビーム』に書いた通り、ボタンを連打しながら、『ゼムナス』がいない方向へ、いない方向へ走り回るのが良いでしょう。
  ・キック 『ブレード攻撃』と同じ対処法で。
  ・武器落とし攻撃 喰らったらボタンを連打して、リアクションコマンド『ふせぐ』を発動させればOKです。
  ・スパークボム 『ブレード攻撃』と同じ対処法でOKです。
近くで発動されると避けるのが難しいですが、少し離れたところで発動されたなら、『ゼムナス』が放った光球に触れなければOKです。
  ・ショット 種類別の対処法は以下の通りです。
■ 
「1人で連射するショット」の対処 ■
『ショット』を発動するまでに約1.5秒ほどの時間があるので、その間にロックオンして、『ゼムナス』から少し離れたところを『グライド』で移動する。

■ 
「分身と共に連射するショット」の対処 ■
「1人で連射するショット」と同じ方法でOK。

■ 
「ソラの周囲に配置して一斉にショット」の対処 ■
ソラの周囲に赤く光る弾丸が配置されてから約1.5秒後に一斉にソラに向かって飛んでくるので、『ゼムナス』が消えて一呼吸してから、リフレク系の魔法を発動することで回避できます。

■ 
「空中に配置してショット」の対処 ■
「ソラの周囲に配置して一斉にショット」と同じ対処法で対処。
ただし、『ショット』の中で発動が最も早くかなり避け難いので、避けられたら運が良いというくらいに思っていた方が良いと思います。 
  ・拘束攻撃 『拘束攻撃』を使用する前に『ゼムナス』の体から「バシュッ」という音を立てながらオーラが発生します。この音が聞こえたらリフレク系の魔法を使うことで回避することが可能です。心配な方はリフレク系の魔法を連発すると良いと思います。

『拘束攻撃』を喰らって、操作キャラがリクになってしまったら、『ダークオーラ』を連発しつつ少しずつ進み、ソラの近くまで行ったら、リアクションコマンド『すくいだす』を使えばOKです。
『ダークオーラ』を使うタイミングは、放った『ダークオーラ』が全て『ゼムナス』に当たった直後です。
  ・全方位ショット ボタンとボタンの両方で『リフレクト』を連発すれば防げます。
ボタンがソラの『リフレクト』、ボタンがリクの『リフレクト』に対応しているため、片方を連打し忘れたりすると、もう片方が連続してダメージを喰らい、HPがゼロになるとゲームオーバーになってしまいます。
なお、連打は必死にやらなくても、ゆっくり連打するだけでOKです。
  ・スパークウォール 『ダークオーラ』で『ゼムナス』を近付けさせないようにすればOKです。
ただし、一度『スパークウォール』を受けてしまうと、体勢を立て直す前に連発で喰らってハメ殺されてしまう場合があります。
この場合はボタンを連打することで逃げられることがあるので、ボタン連打で対処。

 

 直接リンクでこのページに来た方はこちらでフレームONにできます。
 フレーム使えない方はこちら
 別ウィンドで開いた方はブラウザを閉じてください。