AND OR

 TOPファイナルファンタジーファイナルファンタジーXII>天候&地形
▼ファイナルファンタジーXII 天候&地形

 ファイナルファンタジーXIIには天候という概念があります。
 主な特徴としては、
  ・天候で属性のダメージが増減する。
  ・弓やボウガンの命中率が下がる(風が強い時は弓が80%、ボウガンが50%に低下する)。
  ・特定の天候でしか出現しない敵がいる。
 などです。

 また、地形にも特徴があり、特定の地形では属性ダメージが増減します。この地形の特徴は、たった1歩場所が違うだけで、属性ダメージに変化がある場合もあるので注意しましょう。
 天候、地形の種類は以下に記した通りです。
 また、天候には操作できるものも存在します(
天候操作を参照)。これにより、特定の敵を出現させるのに役に立ちます。

天候
天候 天候の特徴 属性ダメージの増減 出現する敵と出現場所
晴れ  世界各地で見られる最も一般的な天候。特にエンサ砂海の天候は日差しが強烈。
 風が強い場合と弱い場合があり、ダメージの増減は、風が強い時のみ生じる。
 風が強い時のみ、弓とボウガンの命中率が下がる。
 火:(×1.2)
 水:(×0.5)
 風:(×1.2)
 火のエレメント(モスフォーラ山地)
 
精霊サラマンド(大砂海オグル・エンサ)
曇り  世界各地で見られる天候。
 晴れと同じく、風が強い時のみ属性ダメージに増減が生じる。
 風が強い時のみ、弓とボウガンの命中率が下がる。
 火:(×1.2)
 水:(×0.5)
 風:(×1.2)
 精霊シルフス(オズモーネ平原)
 
土のエレメント(ツィッタ大草原)
 
モブ『リンドヴルム』(ツィッタ大草原)
 ギーザ草原(雨季)、オズモーネ平原、フォーン海岸などで見られる天候。
 風の強弱で、属性ダメージに増減が生じる。
 風が強い時のみ、弓とボウガンの命中率が下がる。
 火:×0.5(×0.6)
 雷:×1.2(×1.2)
 水:(×0.5)
 風:(×1.2)
 雷のエレメント(ギーザ草原・雨季)
 
風のエレメント(フォーン海岸)
 
精霊ウンディーヌ(セロビ台地)
大雨  ギーザ草原(雨季)でのみ見られる天候。雨足が強く、上空で雷が発生している。
 具体的な影響は、風が強い時の雨と同じ
 常に弓とボウガンの命中率が下がっている。
 火:×0.6
 雷:×1.2
 水:×0.5
 風:×1.2
 雷のエレメント(ギーザ草原・雨季)
 
精霊マルト(ギーザ草原・雨季)
 
モブ『ギルガメ』(ギーザ草原・雨季)
 パラミナ大峡谷でのみ見られる天候。
 ちなみに、幻妖の森では、雪がちらついているゾーンもあるが、この天候は雪ではなく霧とみなされる。
 常に弓とボウガンの命中率が下がっている。
 火:×1.2
 氷:×1.2
 水:×0.5
 風:×1.2
 氷のエレメント(パラミナ大峡谷)
吹雪  パラミナ大峡谷のみで見られる天候。吹雪いていて、視界が悪い。
 属性ダメージ量の増減は雪の時と同じ。
 常に弓とボウガンの命中率が下がっている。
 火:×1.2
 氷:×1.2
 水:×0.5
 風:×1.2
 精霊レーシー(パラミナ大峡谷)
 
モブ『ファーヴニル』(パラミナ大峡谷)
 幻妖の森、古代都市ギルヴェガン、クリスタル・グランデ、ナブレウス湿原、死都ナブディスで見られる天候。霧や濃霧の時は、視界が悪くなり周囲のモンスターの動向が把握し辛くなる。
 弓とボウガンの命中率は通常通り。
 水:×1.2 -
濃霧  幻妖の森、古代都市ギルヴェガン、ナブレウス湿原で見られる天候。霧よりも遥かに視界が悪くなる。
 ただし、古代都市ギルヴェガンで発生するもののみ、霧の状態と同じで見分けがつかない。
 弓とボウガンの命中率は通常通り。
 水:×1.2  精霊デクアルブ(古代都市ギルヴェガン)
 
精霊リョスアルブ(ナブレウス湿原)
砂嵐  西ダルマスカ砂漠のみで見られる天候。砂が渦巻き、視界がかなり悪い。
 
ボス『アースドラゴン』を倒すと発生確率が上がる。
 火:×1.2
 土:×1.2
 水:×0.5
 風:×1.2
 精霊ノーマ(西ダルマスカ砂漠)
 
ボス『アースドラゴン』(西ダルマスカ砂漠)
 
モブ『リングドラゴン』(西ダルマスカ砂漠)

このページのトップへ

地形
地形 地形の特徴 属性ダメージの増減
 水たまりや波打ち際などの地形。  雷:×1.2
 土:×0.5
 水:×1.2
 氷結した水面などの地形。
 天候が雪や吹雪の時には効果が現れない。
 氷:×1.2
 砂漠や乾燥した地面などの地形
 天候が砂嵐だと効果が現れない。
 土:×1.2

このページのトップへ


TOPファイナルファンタジーファイナルファンタジーXII>天候&地形